BRUNOから ついこの前、発売されたばっかりのグリルポット
使ってみました
20161215_04
BRUNOグリルポット
煮る・焼く・蒸す・揚げるをマルチにこなすホーローライクな多機能鍋

BRUNO公認アンバサダーとして、商品を提供して頂いてますので、レポします!が 今回はレシピがメイン。
初めての使用なので、直火で加熱した後 テーブルで保温・・・と普通に使ってみました。

 
 

旅行に行きたいけど、なかなか ぱっと行ってぱっと帰ってこれる距離じゃないから、魂だけ飛ばしてます。
いろいろな国へ。
って事で、今日は、シンガポール料理のチリクラブを、いろいろな意味で(←笑) 食べやすいようにアレンジ。
  
チリクラブは、チリ、トマト、卵とかで作ったピリ辛(←だいぶ辛い)ソースで煮込んだカニ料理です。
カニがまるごと入っていて、カニを食べたり、メルベンっていう揚げパンをソースに浸して食べるんです。
  
今回、カニの身はある程度ほぐしておいて、辛さはマイルドに。
バゲットで食べれるようにアレンジしました↓
ちょっと見慣れない調味料が入っていますが、詳しくはレシピの次に書いてます。
 

マイルド!チリクラブ

材料:4人分
調理時間:30分

・蟹 --- 450g
 
・サラダ油 --- 大さじ1
・長ねぎ --- 1本
・にんにく、生姜 --- 適量
・鷹の爪 --- 1本
◆トマトピューレ --- 大さじ5
◆酢、砂糖 --- 各大さじ3
◆蝦醤 --- 小さじ2/3
・片栗粉 --- 大さじ1
・卵 --- 2個
・パクチーなど --- お好みで

1.
は、塩小さじ1/2・酒大さじ1(分量外)を加えたで、茹でます。
20161215_01
2.長ねぎ・生姜・にんにくをみじん切りにします。
鍋にサラダ油を入れて、長ねぎ・生姜・にんにく・ちぎった鷹の爪を炒めます。
20161215_02
3.◆のトマトピューレ・酢・砂糖・蝦醤を加えて5分ほど混ぜながら煮込みます。
20161215_03
蟹の茹で汁600mlを加えて調味し、同量の水でといた片栗粉を加えてとろみをつけます。
溶き卵を加えて火を通したら完成。茹でた蟹やパクチーなどを添えます。
finger-icon05_r1_c5チリソースに浸ると食べにくい蟹腹の部分は、途中で身をほぐして加えました。
 
蝦醤(シャージャン)が無い場合は、オイスターソース・鶏ガラスープの素・ナンプラーなどの調味料で代用してみてください。現地の味に近づけるために現地の調味料を使っています。 

バゲットに乗っけて食べると・・・
本当美味しいー!
20161215_06
チリソースが余ったら湯豆腐にかけてみたり、茹でた青梗菜にかけてみたり出来るなぁ・・・と思ったのに、完食!
 mono111
使った調味料、蝦醤(シャージャン)は、「えびみそ」
小えびと塩を熟成して作られた発酵調味料です。

唐揚げの下味に使ったり、炒め物にもちろん
これをちょっとスプーンにつけて火であぶって焦がしたものを、お茶漬けみたいな感じにして食べたり、アジアの方では良く使われているんです。

日本では、一般的な調味料じゃないですね。
実はこれあけるとものすご~~~い独特な臭いが広がりますっ。
瓶入りなのに、念入りに さらにビニール袋に入れて密閉しています。
お土産で頂いたんだけど、ひと瓶使い切れるかな・・・
パッケージの写真が気になる方は、以前のブログ記事で紹介しているのでどうぞ。
激旨唐揚げにチャレンジ→蝦醤

20161215_05
工程写真2にも出てきているけど、この電気鍋グリルポット
コンロで直火調理しました。
揚げ物カバーとか、蒸し網も付属しているから、これから いろいろなお料理に使うのが楽しみ





にほんブログ村 料理ブログ 簡単料理へ
にほんブログ村
 
最近は1日に1回、夜20時(正確には20:01分予約設定)の更新を目指しています。
ブログの更新情報をLINEで受け取れる機能があります。
スマホからブログにアクセスして、記事下のさらに下にある「更新通知を受け取る」のリンクをクリックすると登録できるので、もしよかったら、登録してやってください