今日のお昼ごはんのメイン料理です。
豚こま切れ肉を肉団子にして、甘酢あんで炒めました。

肉団子にも、下味をつけているので、ごはんがススム君!
20160925_01
本当は、私が 酢豚を食べたかったの。

今日は、最近片づけさせても1日で汚くなる娘の学習デスク(←机の中が飽和状態になるとこうなる、経験済み)と、おもちゃ箱でなるべく見ないように見ないようにしていた変形してきた引き出し(←なんでもかんでもとりあえず そこに入れる)を、朝から 一緒に片づけていて、気が付けば お昼!!!
と言う事で、ぱぱっと作ったおかずです。
 
ちゃんとした本物の酢豚は、また今度作ろうっと。

片づけようと奮闘しながら仕分けして、さらに 家が 散らかっているような


それではレシピです。
甘酢あんは、いちごジャムを使ってます。
自然な甘さになるのと、片栗粉をたっぷり入れなくても よく絡んでくれるのがポイント。
いちごジャムが無い場合は、りんごジャムや、マーマレードで作ったりもします。ジャムを調味料として活用すると美味しいんですよ


豚こま肉団子と玉ねぎの甘酢炒め

材料:4人分
調理時間:20分

・豚こま切れ肉 --- 380g
 ◎塩こしょう --- 小さじ1/2
 ◎醤油 --- 小さじ1
 ◎酒 --- 小さじ1
 小麦粉 --- 小さじ1強
・玉ねぎ(大) --- 1個
・サラダ油 --- 小さじ1
◆ケチャップ --- 大さじ2
◆いちごジャム --- 大さじ1
◆しょう油 --- 大さじ1
◆酢 --- 小さじ1
◆砂糖 --- ひとつまみ
◆中華スープ --- 50ml
◆片栗粉 --- 小さじ1/2 
・ブロッコリースプラウト --- 適量 

1.豚こま切れ肉に◎と、小麦粉少々をもみ込み10分ほどおき、その間に 玉ねぎは皮をむいて、輪切りにします。合わせ調味料の◆を合わせておきます。
20160925_03
豚こま切れ肉を丸めて、残りの小麦粉をふります。
20160925_04
2.フライパンにサラダ油を熱して、豚こま切れ肉・玉ねぎを炒めます。
焼き色がつくようにじっくり炒めてください。
20160925_06
3.火が通ったら、合わせ調味料◆を加え とろみが付くまで加熱します。
皿に盛りつけ、ブロッコリースプラウトを散らします。

finger-icon05_r1_c5中華スープは、鶏ガラスープの素を湯で溶きました。 オイスターソースやウェイパーなどをお湯で溶いても構いません。
しっかり目の味付けなので、もっとたくさんのお野菜を追加しても合うと思います。 

炒め物にするとき、玉ねぎはくし切りにする事の方が多かったんだけど・・・
輪切りって、意外に食べやすいですね~。
 
炒めている間に、外れちゃう部分もあるけれど。ま、それはそれで
20160925_02

mono112mono110mono111
この器は、シンガポールのチャイナタウンで買ったプラスチックの器のセット
が、青いお花系で、さほど気に入らなかったので、その前の年に 実家の母が同じ場所で買ってきていた器のセットと 交換してもらったものです。(長っ)

ピンクのテカテカのランチョンマットは、バンコクで買ったもの。
まさか、昔は、「こんな派手派手なのー!?えぇぇぇ」って思ってましたが、お料理盛り付けると、マッチするね
 

そういえば。
シンガポールに行ったときに、食べたこれ。

「あの人も、この人も、みんな食べてるやん!
何あれ、緑色のごはん!!!」 ↓
20160527_01
私、20回前後(もはや数えられない ^^;) シンガポールに行ってますが、この時に見たのが初なので、子どもたちに説明できず、せっかくなので注文しました。(小学校低学年の頃、娘が)
20160527_00
帰って来てから調べたのですが、これ 有名な ナシレマ。
マレーシアでは、定番の朝ごはんだそうです。
ガイドブックにも載っているんだけど、目に入ってこなかった模様

ココナッツミルクで炊いたご飯に、ピリ辛サンバルソース、小魚、ピーナッツ、茹で卵で混ぜ混ぜして食べるご飯です。ご飯が緑色になっているのは、パンダンリーフと言うスパイスを使っているからだそうです。
 
娘は、一通り味見したあと、美味しいチキンだけ食べてましたよ・・・そうなるよね。


大人だけで なんでも食べれる場合は、何を注文しても大丈夫なんですけど、子連れ家族旅行で、初めて食べるものを注文する時は、こんな感じで注文してました。
20160527_000
サンドウィッチやフルーツの盛り合わせ、海南鶏飯(←みんな大好き)とかと。 
食べれるだろう無難メニューの中に、冒険メニュー1つです。
 
懐かしいなぁ~~
どこでもドア欲しいなぁ~~~


現実逃避はやめて、片付けの続きしてこようっと