チャーシューが食べたいなぁ~
ってだいぶ前からリクエストを受けていたので、やっと作りました。
豚バラ肉を巻いて、しょう油&酒で煮込むだけのシンプルな作り方です。
20160725_00
使う調味料は、しょう油&酒ですが、甘みの出る野菜を一緒に入れると さらに美味しくなります。
今回は、玉ねぎ、にんじん、大根、トマトを加えました。
 
 

しょう油と酒で煮込む絶品チャーシュー

材料:4人分(作りやすい分量)

・豚バラブロック肉 --- 800g
◆しょう油 --- 600ml
◆酒 --- 150ml
・玉ねぎ、にんじん、トマトなどの甘みの出る野菜 --- 適量

たこ糸

1.豚バラブロック肉の脂身を外側に、隙間が出来ないようきつめに巻き、タコ糸で止めます。
20160726_01

2.鍋に①の豚肉と、適当な大きさに切った野菜、◆の調味料を入れて弱火で1時間半~2時間煮込みます。
20160725_02
調味料から出ている部分が乾燥しないように、キッチンペーパーを落とし蓋代わりに使い、時々上下を返してください。
20160725_03

3.煮汁が冷めたら、たこ糸を取り除き、お好みの厚さに切ってください。

finger-icon05_r1_c5 豚バラ肉の幅が細く、1パック400g~500gほどのものは、完成した後に薄く切る際に切りにくいので、800g前後の横幅が広いものを使うと、切りやすいです。
(食べなかった分は、カットした状態でラップにつつんで冷凍可能です)

なるべく 薄くて、幅の広いものを選ぶと、作りやすいです。
厚みがあると、巻いた時に直径が大きくなりますが、お皿に盛り付けた時にテンションがあがりますね。
(*´∇`)ノシ 
がっつり。
20160725_05
厚みがありすぎると、一周巻けない場合もありますので、気を付けてください~
(巻かないで作ると、味が濃くしみすぎてしまうレシピです。)
 
チャーシューと同じ皿に盛りつけてあるのは、アボカドとかぼちゃサラダです。

今日の晩御飯MENUは、
新米宮崎コシヒカリを焼きおにぎりにしたり、やまだいのかんしょを蒸したり。
 
焼きおにぎりに添えてあるのは、レンコンチップス・パセリ・ちょうすけさんの赤柚子胡椒
ちょうすけさんの赤柚子胡椒、あまりにも美味しくて美味しくて。
瓶詰にしてネット販売してほしいです・・・ 
 
刀の柄のようなお洒落なデザインのボトルは、見学させていただいた京屋酒造さんの焼酎。侍舞(samurai dance)グリーンラベル
すっきり飲みやすくて、焼酎のイメージが がらっと変わりました。
 

次のブログは、京屋酒造さんへ見学へいった話。
その次のブログは、宮崎で食べた美味しいものたちをUPする予定です。