じっくり手間暇かけて作るお料理って、本当に美味しいですよね。
煮豚に関しては、ネギや生姜を加えて何時間も下茹でする事で、脂の臭みやアクを抜いたり・・・
焼き色をつけて、旨みを中に閉じ込めたり・・・
1つ1つの行程に、しっかりと 「美味しくなる」理由があるんです。

わかってはいるのですが。
下茹でもなしに、そのまま煮豚が出来たら助かるなぁ~と思って作ってみました。

目次は、こちら。
  1. 【超時短煮豚】レシピ とコツ
  2. 冷凍ストックについて
20150812_04


レシピ超時短煮豚

材料:2~3人分 圧力鍋使用 加圧時間:15分

・豚肩ロースブロック肉 --- 510g
・水、酒、みりん --- 各100ml
・しょうゆ、酢 --- 各50ml
・生姜 --- 1/2片
・鶏がらスープの素 --- 小さじ1
・ミックスペッパー --- 小さじ1
 + + + + +
① 豚肩ロースブロック肉は、厚めに切ります。
生姜は薄くスライスします。
② 圧力鍋に、すべての材料を入れて蓋をセットして強火にかけます。
圧力がかかりだしたら、火を弱め 15分加圧した後に、自然冷却します。
③ 圧力が抜けたのを確認してから蓋を開け、豚肉の上下を返してしばらく放置します。
 

20150812_02
20150812_03

家庭用高圧力鍋オースで、15分加熱しました。
圧力鍋オース
ワンダーシェフ社 Facebook頁 
 
 
菜箸でつかむと、肩ロース肉がくずれそうになるくらい、やわらかかったです。
加圧時間はお手持ちの圧力鍋によって、微調整してください。
10~15分くらいがおすすめです。
 
 
下茹でしないので、バラ肉で作ると脂まみれになるかなぁ・・・と思って、豚肩ロース肉を使用しました。
長ねぎがなかったので、臭みをおさえるものに、生姜と ミックスペッパーを加えました。
お酢を入れる事で、仕上がりが若干さっぱりします。
加熱するので、酸っぱさは残りません。
 
 
圧力をかけると、内部の 肉の繊維の細胞が崩れます。
加熱中は失われた細胞内の水分が、自然冷却していく時に もどります。
ここで、調味料がしみ込むわけです。
 
 
食べた結果は???
味がしっかりしみ込んでいて、美味しいやーーーん
なんなら、ちょっと濃いくらいで、ごはんがすすみます。



冷凍ストックについて

20150812_01
特売の日に買い込んだ、豚肩ロースブロック肉。
冷凍保存しておりました。

豚カツを作る時も、焼き豚を作る時も、これを使えるので すごく助かります。
冷凍しないで フレッシュな食材を使う方が、もちろん 美味しいのですが、頻繁に買い物に行くわけではないので、特売の日に買いだめ&冷凍庫大活用です。
o0380025313145168818
手前は、薄切りベーコンを4~5枚ずつラップに包んだもの。
モロヘイヤを湯掻いて刻んだものや、れんこんをすりおろして製氷皿に入れてブロックに固めたものとかとかとか。
冷凍しています。