涼しい通り越して、肌寒い~~
と言うか、ひんやりしていて寒いですね。
これだけ涼しくなると、なんとなく おでんとか・・・煮込み料理が食べたいなぁと思いつつ
以前のブログでも紹介したレシピですが、おでんにもぴったりな、ちくわを活用して作る餅巾着レシピの紹介です。
 
うすあげの口の部分を、楊枝ではなくてちくわで止めちゃいます!
 
  1. 【ちくわを活用して作る餅巾着】レシピ
  2. こんな感じで作ります
  3. 今まで作ったおでん(関西)たち

20150909_l01
肌寒い~

ひんやり寒い~~

言うなら、まず 半そでハーフパンツを、長袖長ズボンにしなければ

 


レシピちくわを活用して作る餅巾着

材料:4人分 調理時間:15分

・うすあげ --- 2枚
・ちくわ --- 1本
・切り餅(今回は海老入りのものを使用) --- 適量
◆追いかつおつゆ2倍 --- 50ml
◆水 --- 400ml
 + + + + +
① うすあげは油抜きし、半分に切ります。
ちくわを4等分し、切り餅は、1.5cm角に切ります。
② うすあげの中に、切り餅を入れて、ちくわでとめます。
③ 鍋に◆を入れて中火にかけ、【2】を加えて、弱めの中火で 餅が柔らかくなるまで煮ます。
**
油抜きの方法
油揚げをキッチンペーパーで濡らしてからラップにつつみ、電子レンジで30秒ほど加熱した後、軽く押さえてキッチンペーパーに油を吸い取らせると簡単です。



こんな感じで作ります

冷凍ストックしておいた 桜えびのお餅で作っています。

ちくわを輪切りにしますが、薄く切りすぎると、うすあげを通す時にちぎれてしまいますし、あまり分厚く切ると通しにくいので、1cmくらいがおすすめです。

そのまま通すよりは、うすあげの口の部分をラップで巻くと、通しやすいです。
20150909_l02

あとは、煮汁でたくだけ。
20150909_l03
おでんにも ぴったり。



今まで作ったおでんたち

我が家は、定番の関西風のだしがきいたおでんです。
20150909_l08
れんこんのはさみ揚げは市販の物です。
真ん中の丸いのは、粗びきソーセージ・水菜・にんじんをキャベツで巻いたもの
奥に写っているのは、圧力鍋オースです。


20150909_l05
これも にんじんの千切りをキャベツで巻いたものが入っていますね。
長細く作って 器に盛り付ける時にカットしています。
こういうちょっとしたお野菜は、ずっと煮込むのではなく、食事前にちょっと温める時のついでに加えています。
奥に写っている鍋はバーミキュラです。


20150909_l06
ぎんなんや、生麩も 時々入れます。
(私が好きなんです~)
 
 
20150909_l07
1人用の土鍋に入れてアツアツで食べる時もあります。


近いうちに、おでん作ろうっと