ご近所さんから、大きくて立派なきゅうりを頂きました´∀`)ノ
と言うわけで、浅漬けを作ったのですが、今回は 液体塩こうじで作ってみましたよ。
20170806_z06
家になくても、普通に料理は出来るけど、あったら便利で はまる調味料ナンバーワンだと思います。
ブログ内の、液体塩こうじレシピ一覧はこちら

大きなきゅうりを縦半分にカットすると・・・
種が大きかったりするので、スプーンで取り除きました。
(食べれるんですけどねっ。ここら辺はお好みで。)
20170806_z01
浸かりやすいように ピーラーで皮を縞目にむきます。(ここもお好みで構いません)
20170806_z02
あとはお好みの幅(今回は1cmほど)にカットして、塩こうじと漬け込みますが、おまけでミョウガをプラス。
20170806_z03
加える 液体塩こうじの分量ですが、野菜の重量の10%がおすすめです。
お漬物専用容器、Picklestoneを使いました
20170806_z04
Picklestoneのこの漬物石の下の部分。
ヒノキなので、お漬物にも良い香りが移って、さらに美味しくなるんです。
ただ、娘が 「ヒノキの香りがない方が良いな~」って言うんで、試しにラップを挟んでみましたが。


きゅうりの水分があがってきて、ラップは意味がなかった~(笑
 20170806_z05
重石をする事によって、さらに早く浸かる気がしますが・・・重石が無くても、保存袋に入れて 軽く馴染ませるだけで作れます
 
ただ、切って液体塩こうじを加えただけ。
こんなに簡単な1品なのに、不思議なくらい 味わい深いものに。
液体塩こうじってすごいなぁ~って思います。
しみじみ。
20170806_z07


きゅうりの浅漬け

材料:4人分
調理時間:3分(漬け込み時間含まず)

・きゅうり --- 2本
・液体塩こうじ --- きゅうりの重量の10%
・ミョウガ --- 1本

1.きゅうりは皮を縞目にむき、1cm幅に切ります。ミョウガも同じ幅に切ります。
2.きゅうり・ミョウガ・液体塩こうじを馴染ませて、30分ほど置いておきます。
finger-icon05_r1_c5 きゅうりが大きかったら種の部分を取りのぞいてください。
漬物容器で重石がなくても、保存袋や保存容器で作れます。

今回 きゅうりの可食部が280gあったので、ミョウガの重さと合わせて、30mlの液体塩こうじを加えました。

kyuri


にほんブログ村 料理ブログ 簡単料理へ
にほんブログ村

ブログの更新情報をLINEで受け取れる機能があります。 
スマホからブログにアクセスして、記事下のさらに下にある「更新通知を受け取る」 のリンクをクリックすると登録完了。よかったら登録してやってください 。