今日の高校生弁当は、 豚肉の竜田揚げ カレー味 です。豚肉の薄切り肉に、カレー粉を使って下味をつけてフライパンで揚げ焼きにしたもの。

味もしっかりついていてカレー粉の風味で、ご飯がすすむおかずに。薄切りなので、作るのに さほど時間がかからないのも嬉しいところ。

豚肉の竜田揚げ弁当
この記事の目次
  1. 弁当おかずのメニュー
  2. 詳しい作り方
  3. たらこの昆布巻きについて
  4. 豚肉を使ったおすすめ弁当3選


弁当おかずのメニュー

  • ご飯+塩こんぶ
  • ふわふわ卵
  • ボイルキャベツのサラダ
  • 豚肉竜田揚げ カレー味
  • たらこの昆布巻き
  • オクラのおかか醤油和え

豚肉とキャベツのおかずについては、この下にレシピを。
昆布巻きについては、そのレシピの下に詳細載せています。


弁当おかずの作り方

豚肉竜田揚げ カレー味

  1. 豚薄切り肉10枚をポリ袋に入れ、醤油大さじ1カレー粉小さじ1砂糖ひとつまみを加えてもむ
  2. 片栗粉大さじ1強加え
  3. ポリ袋を振ってなじませる
  4. 豚肉竜田揚げの詳しい作り方
  5. フライパン油大さじ1.5入れて弱めの中火にかけ、豚肉を並べ
  6. 焼き色がつくよう片面2〜3分ずつ炒める
  7. キッチンペーパーにとり 余分な油を切る
  8. 豚肉竜田揚げの詳しい作り方

豚肉は広げる必要はありません。ある程度かたまりになっていてもOKですが、重なっている部分の火の通りが悪い時は、ゴムベラなどで上からぎゅっと押さえて、完全に火を通してくださいね。

最初から中火以上で加熱すると、焦げ目がつくのに半生になってしまうので、最初は火加減弱めから加熱し始めてください。
レシピには書いていないですが、最後に 火加減をあげてカリッと仕上げると、油切れも良くなります。

薄力粉+片栗粉=1:1で混ぜ、少しベーキングパウダーを混ぜた衣をまぶしても構いません。
薄力粉は保水効果が高いので、豚肉がよりしっとり仕上がりますが、油も吸うので時間が経つとべちゃっとした仕上がりに。ベーキングパウダー+片栗粉はカリッとした食感になります。お好みでどうぞ。


ボイルキャベツのサラダ

  1. 千切りにしたキャベツを、レンジ対応保存容器に入れ
  2. 蒸気弁を開いてふたをし600w1分加熱する
  3. ドレッシングで和える
  4. ボイルキャベツのサラダ

昨日の晩御飯の残りの千切りキャベツ活用。
1分加熱後、水っぽいようでしたら、キッチンペーパーで包んで絞ってください。


たらこの昆布巻きについて

ちょうど1週間ほど前(2019年10月30日)に電子レンジで作った 昆布巻き。カットした状態で、小分けしてラップに包み、冷凍保存しておきました。

  • 寝る前に冷凍庫→冷蔵庫に移動し半解凍
  • 朝は600w45秒加熱
電子レンジで作るたらこの昆布巻き
大きさにもよると思いますが、600w30秒超えたくらいから煮汁が出始め、45秒ほどで熱々に加熱されました。
加熱しすぎると、たらこが破裂するかどうかまでは、実験していませんが、冷凍保存していても食感はさほど変わらず、問題なし!
こちらのレシピ、12月16日にお節料理(6品ほど)の料理教室を開催することになり、そちらで紹介致します。試作とか練習を重ねるたびに、お弁当のおかずに出現すると思います

豚肉を使ったおすすめ弁当記事3選