おはようございます。今日は、白身魚のフライのお弁当です。
フライが動かないように、はるさめサラダで隙間を埋めています。
はるさめサラダは、お弁当用にささっと作りました。熱湯で戻す時間が5分ほどなので、時間もかからないですし。水っぽくならないように、ゴマもたっぷりです
20191004_a02

平日に作っている弁当は2人分
主人:保存容器+スープジャーの簡単弁当
 320ml保存容器を使った弁当一覧は→こちら
長男:ドーム型のランチボックス
 600mlBRUNOランチボックス(GEL COOL)を使った弁当一覧は→こちら


 

弁当の中身:MENU

  • ご飯+塩こんぶ
  • 白だし入りの卵焼き
  • 白身魚のフライ+タルタルソース
  • はるさめサラダ
  • えのきとにんじんの明太子炒め
  • ズッキーニのチーズ焼き

20191004_a01
揚げるだけのフライって、お弁当のおかずに 何かと楽チンですね

 はるさめサラダ

  1. はるさめは5cmほどにカットして、熱湯で5分戻す。
  2. 同じ鍋に細切りにしたハムを加えて火を通す。
  3. ザルにあげて水気をしっかり切る。きゅうり・にんじん・赤ピーマンなどの野菜を細切りにする。
  4. 鍋に、酢・醤油・砂糖・豆板醤・ごま油・白いりごまを入れて味を整え、③と混ぜる。 20191004_q01

はるさめを茹でた時にハムも一緒に茹でておけば、火が通って安心です。
はるさめを戻すだけならボウルでOKなのですが、ハムも茹でたいので鍋を使うと良いですよ。

たくさん作るときは野菜は塩もみしますが、少量だと さほど水っぽくならないので、切ったあとキッチンペーパーでぎゅっと挟んで、水分をとりました。 
茹でた後の鍋を使って混ぜると、洗い物が少なくて済みます。

調味料は、酢:醤油=1:1の割合。 砂糖は酢の半分くらいを目安に。
白いりごまはすりつぶして、少し多めに入れておくと、水気を吸ってくれます
お弁当に入れるときは、水気を吸い取ってくれるようなカップに入れておくと より安心です。


20191004_w01
ズッキーニのチーズ焼きや、えのきとにんじんの明太子炒めは、フライパンでさっと作りました。
分量が多いときや、味が混ざってしまう場合だけ、フライパン用ホイルシートを活用します。

去年の弁当

  • ご飯+木胡椒とたらこの佃煮あ
  • 揚げ餃子
  • 肉じゃが
  • にんじんのゴマポン酢和え
  • いんげんのおかか醤油和え

20181002_b05
夜寝る前に、ALL作り置きしていた弁当です(朝練のため)
2018年10月2日 揚げ餃子の弁当|前日の作り置きの写真付き

木胡椒とは…
とうがらし(甘長やピーマンを含む)の葉っぱです。
夏の間収穫していたとうがらしの株を、この時期引っこ抜くのですが、その時に 柔らかい葉だけを取って、おひたしにしたり 佃煮にするんです。
去年は、タラコを加えて、うま味たっぷりの牡蠣醤油で甘く炊いたので、家族にも好評でした。佃煮は、ちょっと甘めの方がご飯が進むようで…

木胡椒は、スーパーでは出回らないので、あまりピンと来ないかもしれないですが…産直とか道の駅で見たときは、思い出してやってください。
あまり需要はないと思いますが、レシピもブログにUPしております。
きごしょうとタラコの佃煮