娘の部活弁当です。
今日の弁当おかずは、 帆立ベーコン巻きフライ 。帆立だけでもおいしいけれど、ベーコンで巻くと、塩気や風味がプラスされて、さらにおいしさUP! しかも、生食パンから作ったパン粉を使っているから絶品。

お弁当、ちゃんと作った感満載(笑)
実は、娘が部活で食べるお弁当は、今日を合わせてあと2回。作る側も感慨深いよ…

帆立ベーコン巻きフライのお弁当
この記事の目次
  1. 弁当のメニュー
  2. 詳しい作り方
  3. 詰め方の紹介
  4. 詰め方写真・動画付きのおすすめ記事3選

弁当のメニュー

  • ご飯+塩こんぶ
  • 卵焼き
  • 帆立ベーコン巻きフライ
  • ピーマンのナムル
  • かぼちゃの黒酢たまねぎドレッシング和え

詳しい作り方

帆立ベーコン巻きフライ

  1. ベビー帆立を 縦半分に切ったベーコンで巻き、巻き終わりは薄力粉でとめる
  2. 薄力粉→溶き卵→パン粉の順に衣をつける
    帆立ベーコン巻きフライの詳しい作り方1
  3. 180℃の米油で揚げ
  4. 油を切って冷ましたら完成帆立ベーコン巻きフライの詳しい作り方2
時間が経っても油くさくならない米油は、お弁当のフライにもぴったりです。

かぼちゃの黒酢たまねぎドレッシング和え

  1. かぼちゃは小さめにカットし、皮はところどころ剥く(90g)
  2. 耐熱容器に入れて、電子レンジ600w2分温める
  3. 熱いうちに黒酢たまねぎドレッシングで和える かぼちゃの黒酢たまねぎドレッシング和え
電子レンジの加熱は、根菜の場合、100gにつき500w2分30秒を目安に。
今回は、かぼちゃをかなり小さくカットしているので、600wで2分ほどの加熱で火が通りました。

詰め方の紹介

このランチボックスは、500ml。ドーム型のランチボックスではないのですが、フタの部分まできっちりおかずで埋まるように詰めています(←中身がスカスカだと、おかずが寄ったり…移動して混ざったりするから)
Collage_Fotor03
フライも下に1つ入れて底上げ。
卵焼きも、大きいもの(ヘタの部分)を下に1つ入れて底上げ。

お弁当の深さにもよりますが、毎回こんな感じで詰めています。



詰め方の写真・動画付きの弁当記事