豚肉を、マヨネーズとポン酢で炒めました。
 
少し焦げたマヨネーズとあっさりしたポン酢が、絶妙!
ご飯がすすむおかずです。
20190503_01

作り方も、簡単。
10分もあれば、完成します。
 
フライパンにマヨネーズを入れて中火にかけ、豚肉を炒めます。
カサ増しに玉ねぎを入れました。
他にアスパラやブロッコリー、しいたけやエリンギなどを入れても、合うと思います。
20190503_04
マヨネーズが焼けて香ばしい香りがしてくるまで、しっかり炒めてくださいね。
最後にポン酢を加えてさっと混ぜ合わせると完成です。

ポン酢に火を通しすぎると、せっかくの爽やかな酸味が飛んでしまうので…
ポン酢を加えた後は、手早く仕上げてください。
 
七味をかけるとピリ辛でおいしいですよ。
20190503_03
それではレシピです。

豚肉のマヨポン炒め

材料:2人分
調理時間:10分

  • 豚肉(肩ロース薄切り) 200g
  • 玉ねぎ 1/2玉
  • マヨネーズ 大さじ2
  • ポン酢 大さじ1.5
  • 七味唐辛子 少々

作り方

  1. 玉ねぎは皮をむいてヘタを切り落とし、くし切りにする。
  2. フライパンにマヨネーズを入れて中火にかけ、豚肉を炒める。空いている部分に玉ねぎを加えて炒める。
  3. 豚肉にこんがり焼き色がついたら、ポン酢を加え手早く混ぜあわせる。

バラ肉など脂が多い部位よりも、ロース等がオススメです。
マヨネーズを溶かし、豚肉全体に行き渡るように炒めてください。


外に合わせた副菜は
  • たけのこのバター焼き
  • なすピーマン茗荷の揚げ浸し
  • 小松菜にんじんしらすの煮浸し
20190503_02
たけのこ以外は前日の作り置きおかずからでした。
 kit21
メニューに困ったら、食材別レシピ一覧をご活用ください。 
「読んだよ~」のかわりに1クリックで応援していただけると嬉しいです↓
1-blogmura1-recipe
LINEでの更新通知、まだ登録されていない方がいらっしゃったらぜひ↓


Feedlyをお使いの方はこちらから↓


w66
GW、娘のお誕生日プレゼントを買いに京都へ行ってきました。
娘が欲しがったのが、つげの櫛。
 
私が使っていたものとか、祖母にもらったものがあるのですが、可愛いものが欲しいというので…
手にとって見るなら、やっぱり京都かな?と、3つほどお店をピックアップし、せっかく行くなら、どこかのお寺もお参りしようとか。ゆるみくじを引こうとか。
 
 
すぐそこと言えばすぐそこの距離なのに、娘を連れて京都へ行くのは、初めてだったので。
伏見稲荷大社へ参りました。
GWなので人が多いのを覚悟して、朝9時前に到着。
20190503_q00
本殿あたりは、すでに沢山の人がいたのですが、山頂まで登るにつれて、人がまだらに。
ゆっくりお参りできました。
2時間くらいかけて。
 

山頂の無料みくじは、凶後大吉。
山頂で「登拝」の御朱印をいただき、眼力大神にお参りし、下山して荒木神社に寄り、ゆるみくじの狐さんをゲット。
20190503_r07
荒木神社の狐みくじは大吉だったのですが、凶後大吉と同じ内容で納得。
頑張ってこ!
 
 
ちなみに、12時前の駅前は、自由に身動き取れないくらいの人でした 
京阪の伏見稲荷駅から祇園四条に乗る人の多いこと多いこと 
(鴨川の西側が阪急河原町駅で、京阪東側が祇園四条)
人が多い場所、苦手
   
   
つげの櫛は、1軒目で決まりました。
河原町の二十三やさん。
気に入ったのが見つかってよかったよかった。
 
  
夕方には帰ってきて、10時間くらい寝ました。
朝5時に目が覚めたので…今日は1日が長いわ(笑