クラッカーの上にポテトサラダをのせて、黄パプリカを星形に型抜いて クリスマスツリー風にしました。
今年のクリスマスの食卓を盛り上げてくれること 間違いなし
20151115_b01
あまり具だくさんに作るよりは、シンプルな感じで作った方が、クリスマスツリーにぐっと近づきます。

Contents
  1. 家庭用高圧力鍋オースで作ると時短&光熱費節約
  2. レシピ【クリスマスツリー風ポテトサラダ】

家庭用高圧力鍋オースで作ると時短&光熱費節約

私が、愛用している圧力鍋は、ワンダーシェフ社のオース & オースプラスです。
左から、無水鍋のバーミキュラ、オース(オレンジ)4L、オースプラス(レッド)5L
20150904_07
オースプラスは、2015年8月上旬に発売になった家庭用高圧力鍋で、高圧(140キロパスカル)と普通圧(80キロパスカル)を選ぶ事が出来ます。
オースプラスに関しては、製造元のワンダーシェフ社のお客様相談室まで。
o0198029713202304010o0198029713202304012o0198029713202304013
オースシリーズは、ガラス蓋を使えば、普段使いの鍋に変身。
蒸しすや三脚もセットでついてくるから、お料理の幅が広がりますよね。
 
圧力鍋だけど、片手鍋じゃなくて両手鍋なので、食卓に置いてもコンパクトでお洒落。
フタも、ワンタッチ操作なんです。
で、ものすごい宣伝チックになったけど・・・何が言いたいかと言うと
すんごい重宝している子なんです!
(鍋やん)
 
140キロパスカルの高圧だと、内部の温度は126度。
100キロパスカルくらいの普通圧だと、内部の温度は、110度~120度くらい。
高圧だと、その分 加圧している時間が短くて、光熱費も短い時短&エコ鍋なんです。
 
ポテトサラダを作る場合は
3cmの水と、一口大に切ったじゃがいもを入れて、フタをセット。
強火にかけて、圧力がかかりはじめて オモリのところから、「ス~~~」っと蒸気が出てくると、すぐに火を止めます。
圧力が抜けてフロートが下がったのを確認してから、ワンタッチでフタを開けて、中の水分をとって、じゃがいもをマッシャーでつぶします。
熱いうちにつぶすと、簡単に裏ごし出来て 粘りのない軽い口当たりに仕上がります。
 
マヨネーズは、熱いうちに加えてしまうと、酢と油に分離してしまうから、冷めてからマヨネーズと和えると美味しく仕上がります。
20151115_b02

レシピ・クリスマスツリー風ポテトサラダ

材料:2人分 調理時間:20分 家庭用高圧力鍋使用

・じゃがいも(中) --- 2個
・マヨネーズ --- 大さじ1
・酢 --- 小さじ2
・塩 --- 少々
・ホワイトペパー --- 少々
・クラッカー --- 5枚
・ピンクペパー(粒) --- 15個
・ブロッコリー、カリフラワー(茹でたもの) --- 少々
・黄パプリカ(星の形に型抜いたもの) --- 5個
 + + + + +
① 家庭用高圧力鍋に、皮をむいてひと口大に切ったしゃがいもと、3cmほどの水、塩(レシピ分量外)を入れてフタをセットします。
強火で加熱し、圧力がかかったら、すぐに火を止めます。
② 圧力が抜けたらフタを開け、湯を捨てて熱いうちに裏ごしします。
③ あら熱が冷めたら、酢、塩、ホワイトペパー、マヨネーズの順に加えて、その都度よく混ぜます。
④ クラッカーの上に、ポテトサラダを形よく盛り付け、ピンクペパー、ブロッコリー、カリフラワー、パプリカを盛り付けます。

*
ポテトサラダを白く仕上げるために、ホワイトペパーを使いましたが、家にある塩こしょうで構いません。
ご家庭にある圧力鍋の圧力に応じて、加圧時間は調整してください。
* * 
圧力鍋でなく 普通の鍋をお使いの場合は、じゃがいもとかぶるくらいの水を入れて火にかけ、やわらかくなるまで火を通してください。