ピーマンをぬか漬けにしてみたよ。
しかも、種ごと食べれるんだって!!!
20180118_03
種とか わたに、栄養がたっぷり。
って聞いて、今まで40年間食べていなかった 種とわたを、勿体なく感じました。。。

と言うわけで、種わたごと ぬか漬けに。
20180118_01
この カラーピーマン
宮崎県総合農業試験場で、収穫体験をさせていただいたもの。
20180115_e01
少し辛みがある品種。
市場には出回っていない品種で・・・
20180115_e02
もぎたてで新鮮!
20180115_e06
同じ苗で、緑から赤。
熟したら色が変わるのが よくわかる1枚。
まだ完全に赤くなっていなくて黒っぽい この子を頂いたのに、おうちに到着して1日経ったら、綺麗な赤色に熟していました。

1晩漬けて食べた感想はね
20180119_01
おいし~(☆゚∀゚)
「なんでピーマンのぬか漬けって、メジャーじゃないんだろう!?こんなに美味しいやん!!!」
っていう感想です。

宮崎の中型カラーピーマンが、肉厚でフルーティーだからか。
食感もほどよく残るし、ぬか漬けにする事によって甘みと旨みUPするよね!

わたの部分→ 肉厚な部分と変わらず味わえて
種の部分→プチプチとした食感が面白く、ほんのり苦味もあるかな。

小さいお子様とか、あまり噛まないで飲み込む人には、好かれないかも。
これから、ワタや種もしっかり食べようと思います。
捨ててたなんて、勿体なさすぎる!!!
 
 
ぬか漬け、やってみようかなぁ~と言う人は、こちらからどうぞ。
材料さえそろえば、1から作るのは大変じゃないんだけど・・・
手っ取り早く始めたいなら、市販の「すぐに漬けれるセット」みたいなものを買ってもいいですよね。
漬けてくうちに、塩分を足したり、米ぬかを足したり。
自分で調整していくことになるから、結局のところ 材料(米ぬかとか、卵殻とか、洋からしとか)は準備しておいた方がいいかも。
20180118_02
漬物を漬ける容器は、フタのあるものを。
私が使用しているのは、タッパーウェアです。(サイズは、この上の写真とか、このブログ記事の一番最初の写真を参考に)

これ、小さ目なのでやや不便です。
きゅうりが1本まるまる入らない!

本当は、もっと大きくて、しっかり混ぜてもこぼれないような「混ぜやすいもの」を使いたいんですけど・・・キッチンワゴンの下段に入れたいので、そのスペースに合わせて、とりあえず使えない事もないギリギリのサイズのものに。

夏場は、冷蔵庫に入れて管理すると、1~2日に1回混ぜるだけでいいので楽ちん。
そのために、冷蔵庫に入れやすいように、浅くて広い長方形の、ピクニック用の弁当箱のようなものを使っていた事もあります。

でも
高さが低いもの→収納しやすいけど、混ぜるときにこぼれやすい。
四角いもの→端っこを混ぜにくい
と言うわけで、冷蔵庫に入れる時、去年はチャック付きの保存袋に入れかえました。
今のぬか床ちゃんは、1歳6か月。
頑張って育てます。


flower02_12

みやざきブランドアンバサダーの視察行程MENU。
今回の記事はオレンジ色の、カラーピーマン収穫体験です。


にほんブログ村 料理ブログ 簡単料理へ
にほんブログ村 
1クリック応援ありがとうございます!

更新情報を受け取る?→LINE / Twitter