コンソメスープ(キューブ状のマギーブイヨン)を溶かしてゼリーにしたものに、薄切りの茹でたこ・お野菜・とびっこを乗せたものです。

見た目がキュートでしょ
実は、このゼリー。
前もって作っておけるから、本当に便利よ。
20160518_08
作り方は至って簡単。
①コンソメスープをゼリーにする

②茹でたこを薄くカットしたものをのせる

③きゅうり・黄赤パプリカを小さく刻んでのせる

④とびっこ・ピンクペパー・フェンネルをのせる

⑤フライパンにサラダ油(小さじ1)を入れて蕎麦を軽く炒め色づいたらすぐに取り出す。キッチンペーパーの上で油を取り除いたものをバランスよく刺す。
 
 
とこんな感じです。
ゼリーにするのに、小鍋に入れて火にかけて沸々させましたが、作った分量が300mlなので、10分もかからず。
たこのカットも酢の物の作り置きのついで。
きゅうり・パプリカのカットは、サラダを作ったついで。
蕎麦は、ベーコンを炒めている隣のスペースで ちょっと揚げ焼きにしただけという。
実は、とっても簡単なレシピなのです。
 
 
アガーで作るポイントは、レシピの下にまとめました。
2012年のレシピですが、ゼラチンで以前作ったレシピは、こちらにあります。
野菜ゼリー
20160518_09
数年前と小物&写真の構図がかぶりまくりと言う奇跡
(・∀・。
それではレシピです。

コンソメゼリー

材料:300ml分
◆アガー --- 12g
◆水 --- 300ml
◆コンソメキューブ(マギーブイヨン等) --- 1個
 
・きゅうり、パプリカなどの野菜 
・茹でたこ 
・とびっこ 
・ピンクペパー、フェンネル
・揚げ蕎麦 などの材料は各少量準備します。

1.小鍋にアガーを入れて弱火にかけます。
すぐに水を少しずつ加えながら、ダマにならないよう泡だて器でなじませていきます。
火加減を強めの中火にあげ、コンソメキューブを加えます。混ぜながら加熱し、コンソメキューブとアガーをしっかり溶かしてください。溶けたら火を止め、カップに注いでゼリーを作ります。

2.きゅうり、パプリカなどの野菜を細かく刻み、茹でたこは薄切りにします。

3.冷やしておいたゼリーの上に、(2)の材料、とびっこ、ピンクペパー、フェンネルなどをバランス良く飾り 揚げ蕎麦を刺します。
 
finger-icon05_r1_c5 アガーは90度以上で溶けるのでしっかり沸々とさせてくださいね。(煮詰める必要はありません)
常温で固まるので、カップに注いだあと、あら熱がとれて常温になる頃には固まっています。
その後は食べる直前まで冷蔵庫で冷やしておきます。
 
300mlあります。
小さなカップにいくつか使った残りは、小さな容器で冷やし固めたあと崩し、コンソメジュレとしてドレッシングなどに使ってください。 

茹で海老・生ハム・いくら・水切りヨーグルトなどとも合いますよ。 

アガーで作ると、無色・透明なので透明感のあるゼリーになりますね。
アガーの性質上、糖分と結びつくと固まりやすいのですが、糖分がなくても、しっかり加熱して溶かしているので、ちゃんと固まってくれます。
アガーはスーパーで見かけないのですが、1度使うと 常に切らさない食材になりました。
溶ける温度・固まる温度が全然違うので、よかったらこちらの記事もどうぞ。
ゼラチンとアガーの違い
アガーが固まらない?使い方のコツ


このコンソメゼリーが、だいぶ華やかにしてくれているかも。
使っているガラスの小さなカップは、Natural Kitchenの100円のカップです
20160518_04
奥の方にぼんやり写っているのは
砂肝のコンフィと 電子レンジで簡単に作った夏野菜のトマト煮と、スパークリング清酒澪です。

 
- - - - - - - - - - -
よかったら 「読んだよ~」のかわりに クリックお願いします ↓
1-blogmura1-recipe

LINEでの更新通知、登録されていない方がいらっしゃったらぜひ↓


Feedlyをお使いの方はこちらから↓