昨日、今食べている『ホシユタカ』って言う銘柄の、粘りが少ないお米の事について 長々と書いたんですが、こういう料理にもぴったり。
炊き込みピラフ
20180217_s07

これを、私が愛用している ワンダーシェフの 家庭用マイコン電気圧力鍋  OEDA30 (3Lの電気圧力鍋)で作りました。
20180217_s04
大きさは、五合炊きの炊飯器と変わらず。
「電気を使う」とか、「保温」機能があることで、炊飯器ちっくな感じに見えるんですけど、中身は全く違うんですよね。
機能を書きだすと、こんな感じかな。

①圧力鍋(70キロパスカル;普通圧)
②スロークッカー(90度でコトコト料理)
③保温(70度ほどをKEEP)
④追加熱(スイッチ1つで熱々に)
⑤タイマー機能付き(最大で12時間までの設定)

これが1つの鍋についてるわけだから、なかなかの優れもの。
「ほんで、それで何が作れるん?」って話ですよね。
今までのブログ内電気圧力鍋関連記事から、いくつかピックアップすると、こんな感じです↓

二段調理で副菜2品
自家製ツナと砂肝コンフィを同時に作ってみた
④+③究極の鶏ハムの作り方
放置で作るおかゆ&飲むおだし
電気圧力鍋タイマー機能ゆりね梅干しの炊き込みご飯を炊いてみた

圧力調理をするのはもちろんだけど、70度とか90度の温度をKEEPしたり、再び熱々に出来たりするって言うのは、温度計を使ったとしても難しいですからね・・・機能を使いこなすと、料理の幅が広がるのは一目瞭然。

本当は、もっと細かい特徴もあるんです。
ご飯の炊き具合を、やわらかめ/ふつう/かためから選べるとか、シューシュー蒸気が排出されないから音が怖くないとか、圧力鍋みたいに火の番をしなくても 調理が終わったら勝手に保温しておいてくれるとか、もちろん火加減の調節もいらないし。
書くとキリがなくなるので、今日はこの辺で(笑
line01
今日のレシピいきまーす。
炊き込みピラフ。
20180217_s01
洗って水気を切ったホシユタカと、玉ねぎみじん切り、輪切あらびきウィンナー、バターを入れて、追加熱6分スイッチON。
20180217_s02
2分くらいでバターが溶けてくるので、そのまま炒め
20180217_s03
バターが溶けたら、白ワイン、ケチャップ、コンソメの素を加えて混ぜます。
ここに少しだけど、美味しくなる魔法の秘密アイテム乾燥野菜セロリズッペン&ポルチーニパウダーも入れてます(なくてもOK。あったら、めっちゃおいしくなるけど)
20180217_s05
水を加えてひと混ぜする頃に、追加熱終了。
作業するのは、これだけ。
材料を準備するのに2分+追加熱中 炒めているのに6分=8分。

フタをセットして、「白米」キーで炊飯すると加圧時間5分で調理終了します。(←これは鍋が勝手にしてくれます)
その間にサラダ作っておけば、もう十分
ちなみに、サラダの野菜を切ってるうちに加圧が終了して、生ハム添えたり ドレッシング出して テーブルセッティングしてカメラを用意する頃に、圧力が抜けてフタが開けれる状態になりました。
完璧!

炊き込みピラフ

材料:3~4人分 
家庭用マイコン電気圧力鍋:白米キー

  • 粘りの少ない米(ホシユタカ) 2合
  • 玉ねぎ(小) --- 1玉
  • 粗びきウィンナー --- 90g
  • バター --- 20g
  • 【A】トマトケチャップ --- 大さじ4
  • 【A】白ワイン --- 大さじ3
  • 【A】コンソメ顆粒 --- 小さじ2
  • 【A】塩こしょう --- 少々
  • パセリ・コーン --- 適宜

作り方

  1. は洗ってザルにあげ水気を切ります。玉ねぎはあらみじん切りに、粗びきウィンナーは輪切りにします。
  2. 家庭用マイコン電気圧力鍋①とバターを入れて追加熱6分スタートし、炒めます。バターが溶けたら【A】を加えて炒め、アルコール分が飛んだら水2カップを足し、しっかり混ぜます。
  3. フタをセットし、白米キーで調理スタートします。
  4. 調理終了後、圧力が抜けてからフタを開け、混ぜて余分な水分を飛ばします。器に盛り付け、お好みでパセリ・コーンを散らします。

追加熱中、水分が無い状態で長く炒めると、内ガマに負担がかかるので、バターをしっかり溶かし トマトケチャップや白ワインなど水気がある調味料は早めに加えれるように準備しておいてください。
粘りの強い米で作る場合は、白米仕上がり「かため」設定を活用してください。

炊飯器で作る場合は、フライパンで材料を炒めてから炊飯器に入れて 水分量を調整して炊いてください。


メーカーホームページ:家庭用マイコン電気圧力鍋 
20180217_s08
ほんまに、生ハム添えのサラダと、ピラフだけ ^^;
お休みの日は、私もお休み気分です~

にほんブログ村 料理ブログ 簡単料理へ
にほんブログ村 
1クリック応援ありがとうございます!

更新情報を受け取る?→LINETwitter