ちょっと前に、練乳料理実験をしていて 成功には至らなかったので、練乳チューブが3本もあったんです。
甘すぎるし、どう考えても 消費出来ないわ・・・と思っていたけど、
土鍋で作る練乳ミルクプリンを作ってみました。
20160911_00
ふわとろ~~~~ん。 
1人鍋用の土鍋で作るんですけど、1つの土鍋に加糖れん乳120gのチューブまるごと1本使います!(練乳消費にちょうど良い♪) 
  

作り方を写真付きで説明すると
まず、小鍋に 加糖練乳120g・牛乳300ml・砂糖大さじ2 を入れて弱火にかけます。砂糖が溶けるまで混ぜます。
20160911_01
ここで、グラグラ沸騰させる必要はありません。
ひと肌まで冷ましたら、溶き卵2個を少しずつ加えながら混ぜます。
20160911_02
土鍋にはあらかじめバターを塗っておきます。
蓋は水滴が落ちないように手ぬぐい準備。(うちの手ぬぐいは、献血ちゃんw)
20160911_03
小鍋のプリン液をこしながら土鍋に入れます。
20160911_05
とろ火に約15分かけます。
火が通り過ぎないように、フタを少しずらします。
20160911_061
火を消したあと、余熱で完全に火を通します。
 
 
実は、弱火にかけて12分の頃、ニオイに敏感(鼻がよい)な娘が
「カラメルの良いニオイがするね~~と。
いやいやいやいや、カラメルを作る工程は1つもないよ。
アレルギー持ちの私の鼻はダメダメなので、ニオイに気が付かなかった模様。 家の中は、若干焦げているかのようなニオイが しないでもないでも(どないなん!?)
と言う事で火を止めて、フタを開けて びっくらこき麻呂。

ジャーン。
なんなーん。火、通り過ぎてるがな  白目
20160911_07
ものすごくテンション下がるよね!?
土鍋よ。
いくら1人鍋用とは言え、結構な分量の土鍋よ。
こんなに火を通してしまったら、食感が ボッソボソなのは 見ただけでわかるや~~~ん。
 
翌日冷やして、実食してみました。
さぁ、お食べ!めっちゃ香ばしいカラメルプリンだよ!!
20160911_08

・・・・・
 
家族のみなさん、なんとまぁ正直で。
美味しいものは、あっと言うまに完食するのに!!!
この土鍋プリンの7~8割が、私のお腹に入りました。
(お腹いっぱいやーん!)
 
  
  
実は、夜作って 冷やして朝ごはんのあとに食べたんですよね。
夜、火が通り過ぎた地点で、もちろん速攻リベンジしております。
もう1つの土鍋で、サクっと作ります。
20160911_06

失敗の要因を振り返ってみると

  • 薄い土鍋で火力が伝わりやすいものだった!?
  • コンロの火力が強い方の弱火だった(火力が弱い側を使えばよかった!?)

と言う事で、火力が弱い方のコンロの弱火(←トロ火とも言う)にかけて作りました。
7分ほど加熱したところで温度が80℃を超えてしまったので(←結局温度を測って作ってますw 料理は科学や)、いったん火を決して5分蒸らし、再び7分とろ火加熱。 
そのあと余熱で火を通して、冷蔵庫で冷やしました。 
冷蔵庫に土鍋2つも よく入ったよね(・∀・。 
20160911_00
こちらは成功。
ふわとろ~~~ん。 
一気に、練乳2本消費ー!


ただ、味は100点もらえなかったわ。
そりゃ
バニラビーンズ入りの高級プリンと比べたらあかんよね!!

(-∀-。)