軽く茹でたエビを、オリーブオイルやレモンと和えました。
バジルも加えたので、香りがとってもさわやかな、夏らしい1品です。
20170721_b04
2017年度も去年に引き続き、スパイス大使をさせていただいております。
前回の、あらびきチリペパーに引き続き、今回のバジルも、今月の宿題。

ごくごく一般的な調味料があれば、普通のお料理って作れるんですよね。
スパイスなくても困らないと言えば困らない。
でも、なんか、味にキリっとしまりが出たり、ふわ~~っと香りが広がると、「あれ?なんか今日の美味しいね!」みたいな。
今回開封したのは、賞味期限2020年の5月。冷蔵庫に保管しつつ、いろいろな料理に使いきろうと思います!

バジル、バジルシード
20170721_b05
トマトとよく合う、イタリア料理ではおなじみのハーブで、イタリア語ではバジリコといいます。
シソ科の一年草で、原産地はインド、スリランカ。バジルの仲間には何種類かあり、一般的にハーブとして使われるのはスイートバジルという種類。
乾燥品は通常のホールとフリーズドライのホールがあるが、乾燥方法が異なり、フリーズドライの方が香りや色が良い。

ピリ辛スパイシー料理レシピ
寝る前に翌日のおかずとして作りました。
塩・酒を加えた熱湯で、エビを茹でて
20170721_b01
白ワインビネガー大さじ1・エキストラバージンオリーブオイル大さじ1・砂糖ひとつまみ・塩ひとつまみ・レモン汁小さじ1と、バジル少々と和えて数時間おいておきます。
20170721_b02
白ワインビネガーがない場合は、お酢で代用可能です。ほんの少し白ワインを加えても◎です。
20170721_b03
それでは文字レシピです。

エビのバジルレモンマリネ

材料:3~4人分(作りやすい分量)
調理時間:10分

・エビ --- 1パック(20尾)
・酒、塩 --- 少々
【A】エキストラバージンオリーブオイル --- 大さじ1
【A】白ワインビネガー --- 大さじ1
【A】砂糖 --- ひとつまみ
【A】塩 --- ひとつまみ
【A】レモン汁 --- 小さじ1
・バジル --- 少々

1.エビは殻をむいてワタを取り除きます。
2.鍋に湯をわかし、酒・塩を加えてから、エビを中火で約2分茹でます。ザルにとって水気を吹きます。
3.【A】を保存袋に入れて馴染ませ、②のエビを入れて馴染ませます。バジルをふって冷蔵庫で1時間以上寝かせます。
finger-icon05_r1_c5 お好みでレモンの輪切りを加えても構いません。半日ほど寝かせておいたほうが味がしっかりしみます。
star02
20170721_b07
朝更新の記事はコメント欄閉じてます。
今日も夜20:01に更新予定です
にほんブログ村 料理ブログ 簡単料理へ
にほんブログ村
   
ブログの更新情報をLINEで受け取れる機能があります。 
スマホからブログにアクセスして、記事下のさらに下にある「更新通知を受け取る」 のリンクをクリックすると登録完了。よかったら登録してやってください