昨日レシピを紹介したブロッコリーとえのきの梅めんつゆ和えに合わせて、もう1品和食のおかずを作りました。
豚肉と白菜のみぞれ煮
フライパンで炒めて調味料で味付けしただけ。この水分は野菜から出たものです。
20171124_09

作り方は簡単なのですが、ところどころ小さなポイントがあるので、工程写真がちょっと多めです。
最初、フライパンにごま油を入れて、弱火~中火で豚肉を炒めます。
20171124_02
炒めながら隣で、白菜をカット。
白菜は軸の部分は厚みがあるのでそぎ切り(包丁の刃をねかせて手前に引くようにします)にすると、切り口の表面積が大きくなって、短時間で均等に火が入ります。
葉の部分はざく切りで構いません。
20171124_03
切った白菜の軸をフライパンに加えて、都度炒めます。食べやすい長さにカットしたえのきたけも、加えてください。
20171124_04
火加減は弱火にして、白菜の葉先→大根おろしの順番に重ねます。いきなり大根おろしが出てきましたが炒めながら、その横で おろしました。火加減が弱火~中火なので急がなくても大丈夫!並行しながら作ってもいいし、前もっておろしておいてもOKです。
20171124_05
酒・みりん・液体塩こうじを上から回しかけ、フタをして弱火で6分煮ます。
20171124_06
6分ほど加熱すると、フツフツして、これだけ水分が出てきます。
20171124_07
ここに薄口醤油・塩を加えて、火加減を中火にあげて混ぜながら3分煮込みます。こういう時の煮汁は、白菜や大根から水分が出て薄まるので、「ちょっと濃いかな?」程度に仕上げるのがおすすめです。
20171124_08
最後に生姜を加え、お皿に盛り付けてから、削り節を散らします。
塩こうじの旨みや、ごま油の香りがあるので、だしは使ってませんが、もっとだしをきかせたい!と言う方は、薄口醤油の代わりに濃縮タイプの麺つゆで試してみてください。

シンプルで簡単だけど、こういう1品大好き。
味付けは、さほどしっかりしていなくて優しい味です。途中からは、赤柚子胡椒を足したり、七味を足したり。家族それぞれが好きな味に変えて食べています。

あ。
去年 赤柚子胡椒を手作りしましたが(レシピは→赤い柚子胡椒を手作りしてみました
今年も柚子がたくさん出回るこの季節に作らねば!
前回は生の赤唐辛子で作って、結構な辛さになったので、次作る時は粉唐辛子でマイルドになるように作ろうと思います。塩分控えめで柚子の皮たっぷりで作って冷凍保存しよう

それではレシピです。

豚肉と白菜のみぞれ煮

材料:4人分 調理時間:15分
カロリー:186kcal/1人

  • 豚肉 --- 150g
  • 白菜 --- 3枚(165g)
  • えのきたけ --- 1/2袋じゃく(40g)
  • 大根 --- 10cm(180g)
  • 生姜(千切り)--- 適宜
  • 【A】液体塩こうじ --- 大さじ1
  • 【A】本みりん --- 大さじ2
  • 【A】酒 --- 大さじ2
  • 【B】薄口醤油 --- 大さじ1.5
  • 【B】塩 --- ひとつまみ
  • 削り節 --- 1パック(3g)
  • ごま油 --- 大さじ1

作り方

  1. 白菜はひと口大に、えのきたけは3~4cmの長さに切り、大根はおろします。
  2. フライパンにごま油を入れて弱めの中火にかけ、豚肉・白菜の軸・えのきたけを炒めます。
  3. 全体に油が回った所で弱火に下げ、白菜の葉先・大根おろし・【A】を加えてフタをしめて6分蒸します。
  4. フタをとって中火にし、【B】・生姜を加えて3分煮込んで完成。器にもりつけ、削り節を散らします。

白菜の軸はそぎ切りにすると切り口の表面積が大きくなって、味染みがよくなります。葉先はざく切りで構いません。
液体塩こうじがない場合は塩でも構いませんが、うまみの出る調味料(めんつゆ・白だし)などで代用するとより美味しくなります。

20171124_11

今日の晩御飯たち。
昨日から繰り越したものを含め、こんな感じ。
献立写真とらなかったので、集合写真で(笑
週末にかけて、ちょっと冷蔵庫をすっきり大掃除しておきたいな・・・
12月になると、お正月価格になる中旬ごろまでに、年末年始を買い物に行かずに乗り切れるような冷蔵庫&冷凍庫にしていかねば。

にほんブログ村 料理ブログ 簡単料理へ にほんブログ村
1 CLICK / 1day;Thanks
レシピ ぜひSNSでシェアしてやってください
更新情報はこちらからGET→LINETwitter