今日はレシピは無し!
ただの手羽元の唐揚げの、晩御飯日記です。

お土産にもらった 調味料使いました。
お土産にもらう調味料、使い切れます?? 
20151113_05
お皿:サキムラ 久さんの。


蝦醤(シャージャン)=えびみそ

シンガポール旅行に行った母からのお土産。
シンガポーリアンの友人と食べた唐揚げが美味しくて、「これ何で味付けしているのかしら~」と聞くと、あとで食料品売り場に行って 「これよ!」って教えてくれたみたいで。

「ほんまに美味しかってん!使ってみ!」ってもらって、はや3か月。
未開封なのに冷蔵庫で ビニール袋2重。
厳重装備。

とりあえず、手羽元の唐揚げの下味に使おうと、「開けるでー!」って言うと 味見のために娘がやってきたわ。
20151113_01
「くっさ!なにこれ、やっぱ くさ~~いw」とか言いながら、開封。
 
ちょっと味見するとね。
 
「わ。なんやろ これ 美味しいやつやん~!」

なんか美味しいよ??
さっきまでの あの 微妙だった香りは いずこへ?
20151113_02
すばらしい 我々の鼻の適応力200% 
ペースト状です。
 
おうちの中に漂う香り・・・蘇る記憶!
そういえば、サビキ釣りに行った時に、半凍のアミエビを 海水とバケツに入れていたら ひたすらスプーンでガリガリ 楽しそうにしていた娘。(4歳くらいの頃。)
もはや目的は釣りじゃなくて、アミエビの氷と戯れる・・・
ちっちゃい頃から、旅行慣れもしているし アジアンチックな香りもお手の物なのかな?とか思いながら、下味に 小さじ1弱使いました。
 
控えめに
まずは初めて使うし、単品で下味に使う感じじゃないかな・・・と、いつも通り 濃口しょう油や酒も使用。
 
メーカーのホームページによると
小えびを塩漬けして発酵させた広東特有の調味料です。添加物を一切加えず、小えびと塩だけでじっくり熟成。天然のうま味がたっぷり含まれているので、料理がまろやかに仕上がります。
炒飯や青梗菜炒めのほか、唐揚げや蒸しものの下味付けにもおすすめです。
李錦記 LEE KUM KEE ”蝦醤(えびみそ)
ですって。
小えびと塩で熟成して作られた発酵調味料
うん。
これなら、使えそう。

私 竜田揚げが好きなので、片栗粉で揚げる事が多いんですが・・・
味を楽しむには、衣が薄い方が良いわ!と思って、米粉唐揚げにしました。


パリッ&あっさりな米粉唐揚げ

下味は、手羽先18本に対して
・濃口しょう油 大さじ1.5
・酒 大さじ1.5
・生姜(すりおろし) 小さじ1
・にんにく(すりおろし) 小さじ1/2
蝦醤 小さじ1弱
・ブラックペッパー 適量

 
軽くもんで、袋に入れて一晩放置。
一晩どころじゃないわ・・・ 寝る前に漬け込んで 作るのは翌日の夕食どき。
袋2重、怠らないように! ←笑

あとは、衣をつけて揚げ油でカリッと揚げるだけです。
20151113_s01
米粉は 給油率が、小麦粉や片栗粉に比べて、20%ほど低いので、パリッ&あっさり にしあがあります。
骨までしっかり火が通るように、2度揚げ。
唐揚げの基本!
 
米粉は写真にも写ってますが、さどっ粉愛用です。
認証米マークつき
関西にいながらにして、この【朱鷺と暮らす郷】の購入を通して、生き物を育む&朱鷺が羽ばたく豊かな環境づくりに協力中!(売り上げの一部が 「佐渡市トキ保護募金」に寄付されます)

うまみ たっぷりな 唐揚げの完成です。
食べると、塩麹の唐揚げとか、いつもの竜田揚げとかと 全然違う!
しっかり下味につけておいたから、中までしっかり味が染み込んで柔らかいー!
 

ちなみに 主人に「今日の唐揚げ、どう?いつもとちゃうねんけど~」と聞くと
「うん!美味しいわ! 骨がない方が食べやすいな~」との事でした。

あ。そっち? 了解


この日の献立

先日、助子の旨煮を作った後
煮汁を再び濃く調整して、お豆腐と長ねぎをプラスしました。
20151113_06
 お豆腐がしみしみで、美味しいんです~