今年作ったものの中で一番美味しく出来たよ、これ。
20180211_b01
新大阪駅とか ホワイティ梅田とか 東通り商店街に "Rouge et blanc Kohaku" っていうワインのお店があるんです。
そこの看板メニュー「フレンチおでん」を再現してみました。

コンソメで炊いた大根に
ポルチーニのクリーミーなソースがかかってるんです。

 
と言うわけで、大根は ワンダーシェフの電気圧力鍋で作りました。(手抜き&時短)
もちろん、普通の鍋でことこと煮込んでも構いません。
20180211_a01
とぎ汁で下茹でした方が甘くなるんだけど・・・生の大根を味見したら、えぐみとかクセはほとんど無くて 甘かったので、下茹で→割愛。

を入れて、「お好みキー」で10分だけ加圧。
20180211_a02
調理スタートのボタンをポチっと押したら、今度はポルチーニソースを作ります。

長ねぎ1/2本をバターで弱火で炒めます。
20180211_a03
玉ねぎにしようか迷ったんですけど、この時期なら 長ねぎの方が甘みが強いし、とろみがつきやすいかな~と。
20180211_a04
6分ほど炒めた所で準備したのが、これ。
粉末ポルチーニ(←カルディで売ってます、ちょっとずつしか使わないので冷凍保存してます)
(粉末のものが無い場合は、フンギセッキポルチーニを水で戻しておいたものを、戻し汁ごと使えばOK)
20180211_a05
生クリーム150mlと、粉末ポルチーニを小さじ1と1/2入れて、中火にあげ
20180211_a06
塩小さじ1/3で味付け。
20180211_a07
ふつふつとしてきたら、2~3分煮込み、火を止めてハンドミキサーで撹拌します。
20180211_a08
撹拌し終わる頃には、電気圧力鍋の方も終了して フタを開けれるくらいに。
やわらかく火が通ってて、ちょうどいい感じです。
20180211_b03
電気圧力鍋で作るバージョンのレシピを残しておきますね。
 
普通のお鍋の場合は、味がしみるまでコトコト。
電子レンジなら、500wで10分前後で中まで柔らかくなります。


洋風ふろふき大根ポルチーニソース

材料:4人分~(作りやすい分量)
電気圧力鍋70kpa:10分加圧

  • 大根 --- 460g(可食部)
  • 【A】水 --- 400ml
  • 【A】コンソメ --- 小さじ1
  • 【A】乾燥野菜だしセロリズッペン --- 大さじ1/2
  • 【A】塩 --- ひとつまみ
  • 無塩バター --- 30g
  • 長ねぎの白い部分---1本弱
  • 【B】ホワイトペパー --- 少々
  • 【B】生クリーム --- 150ml
  • 【B】粉末ポルチーニ --- 小さじ1と1/2
  • 【B】塩 --- 小さじ1/3~
  • パセリ(みじん切り)---適宜

作り方

  1. 大根は皮をむいて3cmの厚みに切ります。電気圧力鍋に大根と【A】を入れてフタをセットし、「お好みキー」10分に設定して調理スタートします。
  2. 長ねぎは粗みじん切りにし、鍋にバターと入れて弱火で6分炒めます。
  3. 【B】を加えて中火にあげ、混ぜながら2分煮込み火を止めます。
  4. ミキサーでなめらかになるまで撹拌します。
  5. 器に①の大根を盛り付け、④のソースをかけ、パセリをふります。


生クリームは煮詰めすぎないように気を付けます。(ミキサーで長ねぎと撹拌するので、とろみがつきます)
味をみて薄く感じる場合は、ソースに塩をひとつまみ加えてみてください。



合わせたワインは、サン・メラン・ブリュット
フランス ブルゴーニュの、ピノ・ノワール&シャルドネから作られた 辛口の発砲白ワインです。
辛口って記載されてるんですけど、フルーティーで 少しだけ甘みも感じられて、飲みやすい~!
20180211_b02
お店で出てくるものに、かなり寄せれてると思う 
ほっぺた落ちる!!

flower02_11
密かに お店の「再現レシピ」カテゴリ
人気あったりします
イタリアンバルBabbino『しらすととびっこのアヒージョ』
スターバックス『さくらブロッサム&ストロベリーラテ』
flower02_12

にほんブログ村 料理ブログ 簡単料理へ
にほんブログ村 
1クリック応援ありがとうございます!

更新情報を受け取る?→LINETwitter