プラムと李の、フルーツビネガーウォーターです。
薔薇科の植物つながりで、ブラックベリーも ちょっと加えてみました。
20160709_f02
ミントでも浮かべたら、もっと可愛いけど・・・
この組み合わせは ミントがない方が、美味しいと思います
 
フルーツ酢を、一時期 ものすごい深めた時期がありまして、そこら辺の果物はほぼ全部制覇。
その中で、私のお気に入りは
 
1位 桃
2位 メロン
3位 ベリー系 です。
 
水で薄めて飲みますが、どれだけまろやかな酢で作っても、ノドを通った時、若干「酢」の感覚が残ります。
慣れるまでは、だいぶ薄めに作るのがおすすめ。
慣れて、それがとっても美味しく感じるようになっても、濃くなりすぎないように! 特にすきっ腹にはおすすめできません (-∀-。)
 
甘い感じの果物で作ると、酸味がやわらいで飲みやすいです。
あと、桃やベリーなどは、色がピンクになります

 line01
フルーツビネガーウォーターとは、フルーツ酢や、果実酢、フルーツサワーの仲間ですね。
原液を作って薄めるのではなく、最初から、リンゴ酢+はちみつ+水を作って、そこに季節の果物やハーブを足して その日飲む分だけ お手軽に作るのをイメージしてくだされば~と思います。

ちなみに、フルーツ酢はこれ。フルーツ酢について書いたブログ記事はこちら→フルーツ酢まとめ
20160709_00


今回は、フルーツビネガーウォーターですからね。
基本に忠実に、ビネガーウォーターに果物を漬け込むレシピでいきます!


プラムと李でピンクのフルーツビネガーウォーター

材料:1人分
調理時間:5分(漬け込む時間は含まず)

・プラム --- 1個
・李 --- 1個
・ブラックベリー --- 2個
◆ミツカンリンゴ酢 --- 大さじ1
◆はちみつ --- 大さじ1
◆水 --- 350ml 

1.◆のリンゴ酢・はちみつ・水を容器に入れて、溶かします。
20160709_f03

2.プラム・李は適当な薄さに切り種を取り除きます。
ブラックベリーと(1)に入れて、3~4時間冷蔵庫で漬けます。
20160709_f04

finger-icon05_r1_c5 ジャーの容量をはかってから作るのがおすすめです。
水450mlに対して、リンゴ酢、はちみつは、各大さじ2です。

錆びるので、金属の蓋はNGです。
お気を付けください。
20160709_f01

かんたん・鮮やか・おいしい フルーツビネガーウォーターコンテスト
のモニター企画に参加中です。
フルーツビネガーウォーターの料理レシピ
フルーツビネガーウォーターの料理レシピ


hosi
    kumo2
今週は、暑い日が続きましたが・・・
金曜はやっと雨がポツポツ振り、気温が6度近く下がったー!
はずなのに、湿度90%以上の30度って、耐えがたいですね。
 
お顔が潤って仕方がないわっ
*゚Д゚)
ベタベタやーん。

暑ければ暑いほど、挿し木したプルメリアシンガポールホワイトと、種まきしたアボカドが元気に育ってくれる!
暑くて良いところを探すと、これが1番に思いつきました。
P1030009
こんな感じで花が咲いたらいいのになぁ・・・・
(写真は、@シンガポール セントーサ島)

- - - - - - - - -

 よかったら 「読んだよ~」のかわりに クリックお願いします ↓
1-blogmura1-recipe

LINEでの更新通知、登録されていない方がいらっしゃったらぜひ↓


Feedlyをお使いの方はこちらから↓