久々に作りました。
手作りがんもどき。
 
前回は・・・
実家の母が作った時に、具をおすそわけしてもらって揚げたんだけどね。
家族の記憶に残ってませんでした(数週間・数か月前っていうレベルじゃない
20190217_c01
揚げたてを、おろし生姜と醤油で食べるだけなのに。
こんなにも美味しいなんて!!!っていうレベルですよね~。
 
20190217_b01
木綿豆腐は重石をして、しっかり水切りをしておき、その間に他の具材を準備しました。
具は・・・
  • ごぼう(小さ目のささがきにして下茹で)
  • にんじん(金時人参をごぼうと同じサイズに)
  • ぎんなん(茹でて冷凍しておいたものを解凍)
  • 百合根(軽く下茹で)
  • きくらげ(ぬるま湯でもどす)
20190217_b03

そうそう。
山芋の代わりに、長芋を使いましたが、ねばりっこ。
とろみが強い、砂丘の長芋です。
20190217_b02

あとは、木綿豆腐を崩して
20190217_b04

卵・長芋を混ぜてから、具と合わせるだけ。
味付けは、白味噌少し。
20190217_b05
しっかり水切りが出来ていたら、形を整えるのも 扱いやすいです。
若干水っぽかったら、ここで片栗粉を加えて、かたさを調整しても構いません。
20190217_b06
具を真ん中によせて包んでもいいんですけど、外側から見て どんな具か わからないな・・・^^;
(嵯峨豆腐森嘉sanの飛龍頭は、ぎんなんとゆりねを 具入りの生地で包んでますね→具だくさん森嘉さんの飛龍頭
20190217_b07
手に油をぬってから丸めてます。
160℃でじっくり揚げました。
20190217_b09
ちょっと大きめに作っているので、8~10分くらいかけて、じっくり揚げてます。
米油で。
20190217_b08
カリっと揚がっていて、もう
絶品ですよ~
20190217_c02
それでは文字レシピです。

がんもどき

材料:4人分
調理時間:20分

  • 木綿豆腐 2丁
  • ごぼう 1/2本
  • にんじん 3cmほど
  • 百合根 1/2個
  • きくらげ・ぎんなん 適量
  • 【A】卵(S寸) 1個
  • 【A】山芋(すりおろし) 50g
  • 【A】片栗粉 大さじ1/2
  • 白味噌 大さじ1/2
  • 揚げ油 適量

作り方

  1. 木綿豆腐はキッチンペーパーに包んで重石をのせ、しっかり水気をきる。
  2. ごぼうは短めのささがきに、にんじんも同じサイズに切る。百合根はほぐし、きくらげはぬるま湯で戻す。(ごぼう・百合根・ぎんなんは下茹ですると柔らかく仕上がる)
  3. ①の豆腐をボウルに入れて、【A】と混ぜ、②の具白味噌を加える。
  4. 形を整え、揚げ油160℃でじっくり、きつね色になるまで揚げる。

お好みで、すりおろした生姜&醤油とお召し上がりください。
卵・片栗粉は、豆腐のかたさを見て、調節してください。
ねばりっこ(砂丘長芋)を使用しましたが、レシピには一般的な「山芋」で記載しています。


具材が大きいと、丸めた時に 飛び出てまとまらないので、短めがおすすめです~
下茹では、お好みで。
ねばりっこ
すりおろしたものを、そのまま 素揚げにしても美味しいんですよ~~♪

木綿豆腐は、1丁300gくらいの大きいものを使いました。
分量の参考までに。
 
 
 
揚げだし豆腐も食べたくなってきたな・・・
なんだか、揚げ物の割合多いな・・・^^;
kit21
メニューに困ったら、食材別レシピ一覧をご活用ください。

 
「読んだよ~」のかわりに1クリックで応援していただけると嬉しいです↓
1-blogmura1-recipe
LINEでの更新通知、まだ登録されていない方がいらっしゃったらぜひ↓


Feedlyをお使いの方はこちらから↓