シンガポール料理の ジンジャーチキンを作ってみました。
蒸し鶏を、生姜のたれと一緒に レタスに包んで食べる料理です。
20170621_k06
あっさりしているし
この 生姜のたれが 何にでも合うんですよね。
 
 
この前、旅番組で見て、懐かしく思い久しぶりに作ってみました。
Suntec Cityのショッピングセンターにある Fountain of Wealthの前の『Soup Restrant』の看板メニューです。
私が行った時は、上の子が幼稚園に入る前or年少の頃でした。
(えぇぇぇぇっと、10年以上前ね)
20170621_k00
あ・・・
35.9シンガポールドル
2800円ほどね。
 
 
生姜のたれは
20170621_k02
・胡麻油+サラダ油(胡麻の香りがきつくなりすぎないようにサラダ油をプラス)
・みじん切りの長ネギ
・すりおろした生姜
・すりおろしたにんにく(写真右側の瓶詰を使用)を加えた後

20170621_k01
・オイスターソース
・鶏がらスープの素
・しょうゆ で味付けしました。
 
 
鶏肉はもも肉を使用。
白い脂の部分を取りのぞき、筋に切り込みを入れてから、
20170621_k03
・ホワイトペパー
・塩こうじ 大さじ1
・酒 大さじ2
・長ネギの青い部分 で20分ほど浸しておいたあとに
20170621_k04
蒸すだけなんですけど、今日は時短の為に圧力鍋を使用しました。
圧力をかけると縮むんですけど、それがちょうど良い感じ。
20170621_k05
私が愛用しているのは、ワンダーシェフ社「あなたとわたしの圧力魔法鍋」
作動圧力が140キロパスカルで、超高圧(中の温度は約126℃)なので、そのぶん、時間が短くすむんです。3分だけ加圧しました。
 
 
蒸しあがった鶏肉をカットして並べるんですけど、レタスを添えておいて
20170621_k08
こうやってレタスの上に、鶏肉・きゅうり・生姜のたれをのせて、クルクル巻いて食べるんです。
20170621_k09
万人受けする味だと思います

今の季節、新生姜が出回っているし、レタスもお値段お得だから、おすすめ。
レシピは、生姜たれの分量を書いておきますね。


ジンジャーチキン(生姜たれ)

材料:4人分
調理時間:6分

・生姜 --- 1~2カケ
・長ネギ --- 1本弱
・砂糖 --- 大さじ1~2
・胡麻油、サラダ油 --- 各大さじ2
・にんにく(すりおろし) --- 小さじ1弱
・醤油・オイスターソース --- 各大さじ1/2ずつ
・鶏ガラスープの素 --- 小さじ1

生姜をすりおろし長ネギをみじん切りにします。
すべての材料をボウルに入れてよく混ぜたら完成。
 
甘めに作る場合は、砂糖を大さじ2に。


ブログ上部の工程写真、ものすごい分量ですけど、このレシピの2倍量作ってます。
20170621_k07
この左下のん
揚げピーナッツ。
お店でも最初に出てくる1品です。

  
現地の中華料理のお箸って、プラスチックでやたらと長くて太くて 使いにくいんですけど、まだ年少の頃の息子は、お箸をうまく使って食べていたんですよね。
 
今日は、ビジュアルも似せて作ったので、覚えていたら何か反応するかなぁ~と待ってたんですけど、特に何も言わないので「どこかで食べたことある?」って聞いたら
「シンガポール???」って。
遠い記憶にあるようでした。


シンガポールで食べた事のある料理、ブログで見てみると 結構いろいろ再現しています。
20170622_a08
左から
カニ鍋!チリクラブ風
スイッチ1つで作る海南鶏飯
パイナップルライス(素使用)
春雨入り肉骨茶(バクテー)



にほんブログ村 料理ブログ 簡単料理へ
にほんブログ村