暑すぎるね・・・
頑張りすぎないように。
20180712_b04
これだけ暑いと、食欲も落ちると思うので・・・
栄養のあるものを食べましょうね。

冷たいものとか、食べたいものだけを食べていると、体調壊してしまう
そろそろアイス 控えなきゃいけないな
    
   
暑くなると食べたくなるのがゴーヤー。
茹でたゴーヤーを、ハチミツとレモンと順番に重ねて漬けました。
甘くて、レモンの味が爽やかで、ゴーヤーがほんのり苦いような。
やみつきになる味です。
細かい分量を知りたい方は、レシピは 水で変わる、毎日の料理(おいしい水)連載ページにて紹介しています。
ゴーヤーのはちみつレモン漬け
300x90_koharuchan
20180712_b01
ゴーヤーの苦味のもとはモモルデシンで、食欲を増進させてくれます。
どうしても、苦味が無理!と言う方は、緑色が濃いツブツブの部分が1番苦いので、ピーラーで削ぎ落しても。 
 
あと、塩でもむ時に、砂糖を少し加えると、より苦味が和らぐような気がします。
そのまま、熱湯に入れて茹でればOK。
20180712_b02
茹でる時には、水道水じゃなくて 浄水を使ってます。
私よりも年代物のキッチンなので、蛇口にくっつけるタイプの浄水器を使ってます。
 
左側のレバーを変えるだけで、浄水/節水タイプのシャワー/普通の水道水と切り替えれるので、ここ3年ほど、除去物質数が多いこのタイプを愛用中。

 
098e5fc5
埼玉の方に質問でいただいたので、久々にプルメリアを。
プルメリア歴、13年・・・
形が悪くなったら挿し木して~の繰り返しで、今はこんな感じに。
20180718_b01
1本1本
全部違う色の花が咲きます。
庭で放置気味に育てているので、葉っぱが傷んだりしております^^;
 
去年は2月に挿し木した枝が、8月末に咲いたのですが・・・
今年は花芽が まだ見当たらず
 
 
花芽を付けるポイント
①春先の成長するタイミングでリン酸が多い肥料を与える
②小さ目の鉢で育てる
③何かしらのストレスを与える(数日間クーラーをつけている室内に入れる等)

 
①と②は湘南園芸センターさんからのアドバイス。
①は、冬眠から目覚めた枝が成長し始めた時に、花芽じゃなく葉が出てきた場合、リン(骨粉など)を与えてくださいと。
②は、鉢が大きいと根が成長しやすく、根が成長している間は、花芽が付きにくいそうです。
 
③は、胡蝶蘭を育てている農家さんからのアドバイス。
ストレスを与えると、植物は花を咲かせやすくなるそうで。温度差以外に、一本枝を切り落とすなどもよいそうです(その枝は、挿し木にでも)
 
 
私の経験上。
幹が太ければ、1年枝、2年枝に関係なく、花芽が付く!
逆に、幹が細いと、何年経っても、花芽がつかないような・・・ 
20180718_b02
我が家のは、こんな感じ。
これじゃ、まだまだな気がします。 
  
 
花芽が出来たら、葉の新芽と違うので、すぐにわかります!
花芽が出来ても、その花芽が伸びて 蕾が出来て その蕾が膨らんで 花が開くまで、1か月以上もかかります。
8月に花芽に気が付いても
咲くのは9月末。
その頃、連続で来る台風の強風で、花芽が落ちてしまったり・・・
気温が急に涼しくなって、花芽の成長が止まってしまったり・・・
全部の花が終わる前に、霜が降りるほど寒くなって、家の中に入れると花芽も成長しなくなるので・・・
 
今のこの季節に花芽がつかなければ、油かす等 窒素分の多い肥料を与えて、葉や幹をしっかり成長させて花は来年に持ち越そうかな~と思ってます。
 
花、早く咲いてほしいですよね・・・
心待ちにしながら、楽しく育てていきましょう!!
 
 
にほんブログ村 料理ブログ 簡単料理へ
にほんブログ村 
1クリック応援ありがとうございます!

更新情報を受け取る?→LINE / Twitter