スーパーのワンタンの皮、春巻きの皮、餃子の皮の隣に、「大判餃子の皮」 が置いてあるのですが(置いてないところもあるかもしれないけど)
その、大判餃子の皮で、小籠包 を作りました。
20170409_s20
中からじわ~~~っとスープが出るように、ゼラチン入りで作った中華だしを加えてもいいんですけど、季節も季節ですし、夏のお野菜 特にトマト!をたくさん入れて作ってみましたよ。
20170409_s01
それを大判餃子の皮で包んで蒸すだけ。
20170409_s06
包み方は いろいろ。
 
・ヒダが均一になるように四隅を先につまみ、その四辺にそれぞれ2か所ずつつまんでヒダを作り、ねじりながら閉じる
・少しずつヒダを作りながら中心に寄せていき、最後にねじって止める

やりやすい方法でどうぞ。

初めて小籠包を作った中1の娘は、少しずつヒダを作って、最後にねじって止める方法で作ってました。
20170409_s09
水をつけ餃子の皮をしっかりつまんでヒダを作っていきます。
最初につまんだヒダに、次のヒダを少しずらして重ねて・・・って続けていくと、指1本分 真ん中が空きます。 
上の写真は左利きの娘の手。
下の写真は右利きの私の手。
利き手が違うと教えにくいかなって思ったけど、全然問題なしでした。
20170409_s11
それをつまみながらねじって止めます。
20170409_s10
左4個が私が作ったもので、右3個が娘が作ったもの。
20170409_s22
キャッキャ言いながら作ってると、中3男子もやってきて参戦。
20170409_s03
ダイナミックなのを1つ包んで去りました。
20170409_s08
こちらのレシピは、5月~6月
全国ロフトや お洒落なキッチングッズを売ってる雑貨屋さんでレシピカードとしても配られました。
リクエスト多かったので、ブログでレシピ公開しますね。



夏野菜の小籠包

材料:4人分
・豚ひき肉 --- 200g
・トマト --- 1個
・ピーマン --- 1個
・キャベツ --- 2枚
【A】粉ゼラチン --- 5g
【A】鶏がらスープの素 --- 小さじ1
【A】オイスターソース --- 小さじ2
【A】ごま油 --- 小さじ1
【A】塩こしょう --- 少々
・大判餃子の皮 --- 1袋(26枚入り)

蒸す用の野菜 --- 茄子・ピーマンなどお好みで

1.トマトは皮をむいて細かく刻みます。ピーマン・キャベツはみじん切りにします。
ボウルに豚ひき肉・切った野菜・【A】を入れよく混ぜます。
2.大判餃子の皮に(1)をスプーンですくってのせ、包みます。軽く水をつけてヒダ同士を重ねていき、最後ねじるように閉じると包みやすいです。
3.蒸し鍋で6分蒸します。お好みで野菜も加えてどうぞ。
finger-icon05_r1_c5蒸す時は、小籠包同志がくっつかないように、間隔をあけてください。
BRUNOグリルポットを使用しています。

食べる時は、酢醤油やからしを添えてどうぞ。
 
たくさん包んでもらったので、一回目は普通に蒸して
20170409_s12
あ。そうだ!
お野菜も一緒に蒸すんだったと、2回目、3回目でどんどん野菜を増量(笑
20170409_s14
きれいに包むの、得意じゃないな・・・って方もいるかもしれませんが、少々形がいびつでも、楽しく包めて、美味しく食べれるって事が大事よね!
20170409_s15
こちらの様子
BRUNOのサイト COLUMNコーナーで紹介していただいております。
よかったらご覧くださいね。
>>おこさまシェフのかんたんクッキング/小春ちゃんさんち


にほんブログ村 料理ブログ 簡単料理へ
にほんブログ村
  
ブログの更新情報をLINEで受け取れる機能があります。 
スマホからブログにアクセスして、記事下のさらに下にある「更新通知を受け取る」 のリンクをクリックすると登録完了。よかったら登録してやってください