毎年、この季節になったら食べたくなるんよね。
はやとうり。
八百屋さんや、産直の野菜売り場にありますよ。
あっさりしていて、浅漬けにもお味噌汁にも炒め物にも、何かと使えるお野菜です。
20151025_02
写真の色が、なんだか うす~~~い
でも、味は、絶品です。
美味しすぎて、あっちゅう間に売り切れ
 

Contents
  1. はやとうり こんなお野菜&保存方法
  2. めかぶ茶
  3. 【はやとうり&めかぶ茶の浅漬け】 ~作り方
  4. めかぶ茶活用 【めかぶの卵スープ】
  5. その日の作り置きおかずたち

はやとうり

もともとは、メキシコ南部から南米北部にかけてのウリ科の食物です。
日本には、大正のころ、鹿児島に持ち込まれて栽培されるようになりました。
薩摩隼人さんのウリ って事で、『隼人瓜』と呼ばれます。
 
縦に割ると、こんな感じで、真ん中に平べったい種が入っています。
大きいのを選ぶと、種も大きいし、皮も固い(そりゃそうだわ
ってことで、私はなるべく 若い小さいものを選ぶようにしています。
 
若くて小さいものだと、種も小さいし、皮はむかなくても大丈夫。
(でも、浅漬け=生で食べるので、ピーラーで皮を縞目にむきました)
20151025_05
乾燥しないように、冷蔵庫の野菜室に入れて保存します。

そのまま常温で置いていたらね・・・
成長しつづけて、芽が出てきます。
 
育てる場合は、中の種を植えるんじゃなくて、完熟の実をそのまま置いておいて 春に植えつけます。
 
 
 

芽かぶ茶

株式会社北友物産の、わかめ加工品 芽かぶ茶です。
食物繊維が豊富な事で有名ですが、コレステロール値を下げたり、何かと嬉しい効果があるんですよね。
20151025_03
お湯を注ぐだけで飲めます!っていう商品なんですけど、
お料理にも使ってます。

むしろ、料理に使う事が、私は多いです~



【はやとうり&めかぶ茶の浅漬け】 ~作り方

はやとうりを切って、めかぶ茶を ひとにぎり入れるだけ。
ビニール袋で 軽くもみ込み、置いておきます。
時間がたったら、またもんで、上下を返しておくだけ。
半日もすれば、めかぶは、はやとうりの水分で柔らかくなるし、めかぶの旨み&塩分が はやとうりにも染みて、美味しい浅漬けになります。
20151025_06
もちろん、きゅうりとか、かぶとか、大根にもぴったり。
今度、セロリでも作ってみようっと


 

めかぶ茶活用 【めかぶの卵スープ】

お店の方のおすすめ。
鍋に水を入れて沸騰させ、そこに 溶き卵を加えて、卵スープに。
塩分は、めかぶを ひとつかみ、ふたつかみ、お好みの分量
最後にごま油を加えて完成。
20151025_04
たっぷりの、青ねぎ&みょうがを乗っけて頂きました。
もうちょっと味が濃い方が良いな~って方は しょう油を加えてもいいですし
辛いのが好きな方が、辣油がぴったりです。


そんなこんなで、その日の作り置きメニューに加えて、カットした青ねぎやみょうがが、たっぷり。
 
 

作り置きおかずたち


20151025_01
ベビーリーフも、プランターに生え放題っつったって、カットして洗ってないとね・・・

おからがね。
八百屋さんで 綺麗な綺麗な 卯の花が!
20円だったのよ。
  
こんにゃく、うすあげ、ちくわ、にんじん、乾燥しいたけ、青ねぎ入り。
久々のおから煮。
こういう おかず。美味しいね!