気圧が低いときに頭痛になる 対処法として、  マグネシウムを多く含む食品 で血管のむくみをとるとマシになるらしい〜という話です。
20191009_q01

この記事は

  1. 頭痛について
  2. 偏頭痛の仕組み
  3. マグネシウムを多く含む食品について
の順で書いています。

引用元:
①書籍:偏頭痛・女性のズキズキガンガン解決する人しない人
②厚生労働省『「総合医療」に関わる情報発信など推進事業』統合医療情報発信サイト(島根大学運営)マグネシウム 

頭痛について

頭痛の種類は大きく分けると3つ。

  1. 風邪とか二日酔いなど、原因がなくなると自然に治る 日常的な頭痛
  2. 原因になる病気がなく、繰り返し起こる 慢性頭痛
  3. 脳の病気に伴う 危険な頭痛

この 2. 慢性頭痛 を大きく分けると
①偏頭痛
②緊張型頭痛
③群発頭痛 があるそうで。

緊張による血管収縮、血中のエストロゲン量が低くなる時期や、血糖値が下がった時、寝すぎや寝不足など睡眠リズムが崩れたときなど、頭痛の原因は様々。
その中でも、台風など気圧が低くなるときや、季節の変わり目などの偏頭痛、よく聞きますよね…

偏頭痛の仕組み

頭の中で血管が広がり、血管のまわりの神経に拍動の刺激が伝わるのが、偏頭痛。
三叉神経が圧迫され刺激を受けると、神経ペプチド(←苦しみのきっかけとなる物質)が放出され、血管の周囲に炎症が起きるそうです。
気圧が影響するのも納得。
三叉神経からの情報が大脳に伝わる途中で、視覚や聴覚・嗅覚を司る後頭葉や側頭葉、吐き気をコントロールする嘔吐中枢にも刺激が伝わるので、光や音・匂いに敏感になり、随伴症状が現れる場合もあるそうです。

ツイッターで気圧が低くなるとなぜ体調不良になるかをわかりやすく紹介している方がいたので、貼り付けておきます↓


血流を良くすると偏頭痛がひどくなっちゃいますが 圧力を掛ける=血管のむくみを減らして血圧を下げる とましになる仕組みですね…

マグネシウムを多く含む食品について

冷やさない・水分不足に気をつけるなども大切ですが、食からアプローチするなら、血管のむくみを減らして血圧を下げるのに必要な栄養素は、 マグネシウム ! 。他、たんぱく質・ビタミンB群・カリウムも大切です。
これを食べれば治る!というわけではないのですが、不足しがちな栄養素なので、少し意識してみてください。少しでも偏頭痛がましになると良いのですが…

マグネシウムは、ナッツ類や精製されていない穀類(玄米・全粒粉)に多く含まれます。なので、豆にも豊富に含まれます。特に納豆はおすすめ。
あとは葉緑体の中に存在するので、緑黄色野菜や海藻類にも含まれます。

あと にがりが家にあれば… 
成分が 塩化マグネシウムなので、飲み物に2〜3滴入れても良いと思います。