乾燥芽ひじきが20gだけ残っていたので
煮物にしようかと思ったのですが・・・
あまり濃くない味で、おかずとして食べれるような副菜を 1品作ってみました。 
20190104_a03
かぶの葉や、ちりめんじゃこと、さっと炒め煮にしています。
ふりかけみたいだけど・・・
ふりかけほど、ご飯がすすむ味ではありません。


作り方
・芽ひじき
たっぷりの水で戻したあと、ザルにあげて水気をきる。
・かぶの葉
洗ったあと、1cm長さに切る。

鍋に、ごま油を入れて
20190104_a01
芽ひじき・かぶの葉(根元の方)・ちりめんじゃこ(冷凍)を炒めます。
火加減は、弱火~中火あたり。

みりん大さじ2・酒大さじ2を加えて、煮汁がなくなるまで5分ほど炒め

20190104_a02
かぶの葉(葉先の方)と、うすくちしょうゆ大さじ1を加えます。
さっと炒め合わせます、最後に白すりごまを入れて完成。
  

芽ひじきの方が、小さくて細かく 口当たりがよいので、よく料理に使ってます。
が、歯ごたえのある長ひじきを使っても 構いませんよ。
20190104_a05
ちりめんじゃこの塩分があるので、調味料は、「ちょっと薄いかな~」っていうくらいの分量が おすすめ。

芽ひじき&かぶ葉の炒め煮

材料:4人分~(作りやすい分量)
調理時間:15分

  • 乾燥芽ひじき 20g
  • ちりめんじゃこ 30g
  • かぶの葉 100g
  • 白すりごま 大さじ1弱
  • 【A】酒 大さじ2
  • 【A】みりん 大さじ2
  • うすくちしょうゆ 大さじ1
  • ごま油 大さじ1

作り方

  1. 乾燥芽ひじきはたっぷりの水に浸けて戻したあと、ザルにあげて水気をきる。かぶの葉は1cm長さに切り、根元と葉先にわけておく。
  2. 鍋にごま油を入れて弱火~中火にかけ、乾燥芽ひじき・かぶの葉(根元)・ちりめんじゃこを炒める。
  3. ごま油が全体に回ったら【A】を加え、炒り煮にする。
  4. 煮汁がなくなったら、かぶの葉(葉先)・うすくちしょうゆ・白すりごまを加えて、さっと混ぜる。

かぶの葉の水分を白すりごまが吸ってくれるので、水気が出ず、作り置きおかずやお弁当おかずとしてぴったり。冷蔵庫で2,3日保存可能。
お好みで削り節を加えても構いません。
うすくちしょうゆは、お好みの醤油で代用可能です。


20190104_a07
お節料理を盛り付けたプレートが、アイトーさんのフルリールグリーンで、カネ定製陶さんからは印花型でマットな色が出ています~って書いたのですが、

これが、その印花型のマットな色の器。
雑貨屋さんでも、時々見かけたりします。
 

昨日の晩御飯は、早速 唐揚げでした
(↑ 家族にリクエストを聞くと、必ずと言ってよいほど、誰かが「唐揚げ」って言う)
そのついでにあげた、コロッケとかメンチカツを 温めなおしての、簡単お昼ごはんでした。



にほんブログ村 料理ブログ 簡単料理へ
にほんブログ村 
1クリック応援ありがとうございます!

更新情報を受け取る?→LINE / Twitter