レシピではなくて、おまけ記事です〜
 
 
保冷剤、あまったものが少しずつたまってきたら、消臭剤にするのがオススメです。
20160922_06
保冷剤の活用方法と言ったら…
  • 学校の保健室に寄付
  • 弁当用おかずを冷ます時に皿の下に敷く(少し早く冷める)
  • 茹で野菜を冷やす時に使う
もちろん「冷やす」ことに特化してます。
が、保冷剤の中に入っている材料が「吸収性ポリマー」の場合 は消臭剤になりますよ。
 
吸水性ポリマーという素材は、市販の消臭剤や芳香剤にも使用されています。
表面に凹凸が多いジェル状の素材なので、ニオイの原因物質を吸い寄せて、吸収してくれる仕組みです。
 
  
20160922_01
準備するもの
  • ガラス容器
  • 保冷材(吸水性ポリマーのもの)

  • アロマオイル
  • 混ぜるもの(竹串やスプーン)
  • ビー玉
20160922_02
保冷剤をカットして、中の吸水性ポリマーをガラス容器に出すだけ
以上!
完成!!

20160922_03
お好みで、アロマオイルを加えて混ぜると、良い香りがします。
軽く混ぜて、上にビー玉などをおくと 涼しげ。


時間が経つと、少しずつ蒸発して 分量が減っていくので、新しい保冷材を上から足したり、作り直したりしてください。


kit21
「読んだよ~」のかわりに1クリックで応援していただけると嬉しいです↓
1-blogmura1-recipe
LINEでの更新通知、まだ登録されていない方がいらっしゃったらぜひ↓


Feedlyをお使いの方はこちらから↓