昨日は水曜日。
と言う事でのリレー連載が更新の日です。
今回、紹介しているのはこちら。
20170215_a01
乾しいたけの美味しい出汁の取り方。
なのですが、よく見ると、この箱。
20170215_a02
「出汁をおいしくするための水」を使っています。
 

ポット型浄水器が1つあれば、アルカリ専用カートリッジや、この出汁をおいしくするための水etcのカートリッジに変えたり出来ます。
(交換した時、まだ使用可能なカートリッジはラップに包んで冷蔵庫に入れておくと良いです。)
 
 
日本には、いろいろな出汁があります。
素材のうまみをたっぷりと引き出して、料理の味の決め手となる出汁。
すっきりとしたもの。まろやかなもの。
 
どんな素材からもうまみを引き出しやすいように、利尻昆布、山だし昆布、羅臼昆布などなどを幅広く対象として開発された出汁のための水だそうです。
 
 
私は、今回、こちらで 乾しいたけの出汁の取り方を紹介しています。
と言っても、水を注ぐだけなので簡単すぎて申し訳ない
簡単だからこそ、いつも冷蔵庫に常備しておいて いろいろなお料理に使いやすいんですよね(そこ!)
 
  
リレー連載、4人それぞれの頁はこちらです。
よかったらご覧ください↓
12436288584_94d6bc46d2_b.jpg
「おいしい一番だし」を作ってみましょう!
・出汁をおいしくするための水1L
 ・昆布・かつおぶし各20~30g
12436288584_94d6bc46d2_b.jpg
「おいしい水だし」はとっても簡単!
・出汁をおいしくするための水1L
・昆布20~30g 
★2月22日に更新予定の あこさんのはこちらに後日追記致します★
12436288584_94d6bc46d2_b.jpg
「おいしい乾しいたけの出汁」
・出汁をおいしくするための水500ml 
・乾しいたけ5~6枚
※濃い場合は料理に使う時に、都度おいしい水を足して薄めて使用します。
 
 
で、その乾しいたけの出汁を使って、旨だしあんかけを作りました。
20170215_a04
湯豆腐(←急ぎの時はレンチンでも良いかと)や、茹でたお野菜や、ご飯にかけてもOKな、旨だしです。

乾しいたけの旨だしあんかけ

材料:2人分
調理時間:10分

・豆腐 --- 140g
・出汁(乾しいたけの戻し汁) --- 1カップ
・乾しいたけ(戻した後の物) --- 2枚
・えのきだけ --- 1/4株(50g)
・蟹のほぐし身 --- 大さじ2
◆薄口しょうゆ --- 小さじ1
◆酒、みりん --- 各大さじ1
◆塩 --- ひとつまみ
・片栗粉 --- 小さじ2/3
・三つ葉 --- 飾り用にお好みで 
1.戻した後の乾しいたけは細切りに、えのきは食べやすい長さに切ります。
2.鍋に、①・蟹・出汁を入れて火にかけ、フツフツとしてきたら◆を加えて調味します。大さじ1の水(分量外)で溶いた片栗粉を加えて、ひと煮立ちさせたら完成。
3.湯通しした豆腐に②をかけ、お好みで三つ葉を添えます。
finger-icon05_r1_c5 片栗粉は沈殿するので混ぜながら、火加減は弱火に落として加えます。そのあとは火加減を強めてとろみがつくまでしっかり加熱してください。
あんが残ったら、あんだけ 保存容器に入れて、3~4日保存可能です。
20170215_a05

 
´∀`)ノ
今日も 夜20:01にレシピ更新予定です
にほんブログ村 料理ブログ 簡単料理へ
にほんブログ村
 
ブログの更新情報をLINEで受け取れる機能があります。
スマホからブログにアクセスして、記事下のさらに下にある「更新通知を受け取る」のリンクをクリックすると登録できるので、もしよかったら、登録してやってください。