先日ブログで、ぬか漬けについて書いたんですけど
ぬか床を1から作る方法
その関連レシピです。

ちょっと古漬けになったきゅうりを使って、覚弥を作りました。
20170112_a06
覚弥
読めましたか?
「かくや」です。

古漬けを細かく刻んで塩出しして醤油をかけたものです。
江戸時代の初め、徳川家康の料理人 岩下覚弥の創始と言われています。
 

小さい頃、ご家庭でぬか漬けのお漬物を食べていた方なら、「あ!懐かしい~」ってなる味かな。
きゅうりだけじゃなくて、茄子とか ミョウガも入ってると美味しいんだけど、お茄子もミョウガも高い!(きゅうりも高いけどっ)
 
とりあえずきゅうりだけで作りました。


古漬けきゅうりで【かくや】

材料:4人分(残った分は常備菜として翌日に)
調理時間:15分

・古漬けのきゅうり --- 2本半
◆生姜(すりおろし) --- 1/4片
◆白すりごま --- 大さじ1
◆削りぶし --- 大さじ1
◆醤油 --- 少々

1.古漬けのきゅうりは洗って糠を落とし、縦半分に切ってから斜め薄切りにします。
20170112_a01
2.水をはったボウルにつけて塩抜きします。(もしくは、流水できゅうりをもんで塩抜きします)
20170112_a02
3.水気をしっかり絞り、◆と和えます。
20170112_a05

もっともっと薄切りにした方が、塩抜きしやすいです。
古漬けのきゅうり、ふにゃふにゃで切りにくいんですけどね。

あと、塩を抜きすぎると味がぼやけますが、塩が残り過ぎるとしょっぱいので、ちょうど良い感じに調節してください。
白ごまや、おかかは、たっぷりめが好きです。




 

にほんブログ村 料理ブログ 簡単料理へ
にほんブログ村
 
最近は1日に1回、夜20時(正確には20:01分予約設定)の更新を目指しています。
ブログの更新情報をLINEで受け取れる機能があります。
スマホからブログにアクセスして、記事下のさらに下にある「更新通知を受け取る」のリンクをクリックすると読者登録完了です。
もしよかったら、ぜひ♪