先日、ハウスエスニックガーデン タイ風クッキングペースト "ナンプラーミックス" のレポとそれを使って作ったエスニック風炒麺のレシピを紹介したのですが、その時に添えようと思っていた レモン香るきゅうりのあっさり漬けのレシピです。
20190821_q03

実は、これ きゅうり以外に使ったのがハウス香りソルト<レモンペパーミックス>と言うシーズニングスパイスのみ。
スパイスや食塩がブレンドされた調味料なのですが… 3時間ほど漬け込んでもなじまず、その日のランチに間に合わず翌日食べました

ハウス香りソルト<レモンペパーミックス>とは

レモンのさわやかな香りと酸味に、旨みを加えた塩、ブラックペパー・ガーリック・パセリ・カルダモンがバランスよくブレンドされています。
サラダ、パスタ、チキンソテー、その他色々な料理に加えるだけで、さわやかなレモンの香りを楽しめます。
夏のかんたんランチ料理レシピ

原材料名:顆粒塩(食塩、でんぷん)、とうもろこし加工品、ブラックペパー、ガーリック、植物油脂、パセリ、カルダモン、粉末レモン果汁/酸味料、調味料(アミノ酸)、香料、パプリカ色素
20190821_q01
写真でもわかるように、粒が大きいです。
ボトルは振りかけ用のキャップを外すと、小さじが入るので軽量しやすいです。

私は、普段 炒める時にささっと振りかけたり(←お弁当のおかずを作る時に便利)、肉類の下味に使ったり(←いつもの風味と違うものにしたい時)、パンにも使ったり(←シーズニングソルトで作ると風味が変わるので美味しく感じる)しますが、同じシリーズの、ペパーミックスガーリック&オニオンよりは 使用頻度が低いです。
あと、私の近所のスーパーでは、ペパーミックスやガーリック&オニオンは詰め替え用がスーパーに並んでいるのですが、このレモンペパーミックスは あまり出会えません ^^;
 

レモン香るきゅうりのあっさり漬けの作り方

漬けものを作る時、重石をして作ると、薄味でも 中の方まで味が染み込みます。
塩分はいつも総量の3%ほどを加えているのですが、シーズニングソルトになると塩分以外(ガーリックや、ブラックペパー、パセリ、カルダモン)も入るので、少し多めにしても良いかもしれません。

塩分の目安は、きゅうり2本(200g)の3%=6g。
塩によって小さじ1のグラム数は変わるのですが、天然塩(粗塩)の小さじ1は約5g、サラサラの精製塩の小さじ1は約6g、雪塩だと小さじ1は約2gです。
こういう粒が粗いシーズニングソルトの場合は、小さじ1.5〜2くらいが良いですね。20190821_q02

2〜3時間冷蔵庫に入れているくらいでは、香りソルト<レモンペパーミックス>がきゅうりと馴染まず。1日置いた方がおすすめです。

ペパーの辛味や、レモンの香り、カルダモンやガーリックの風味のおかげで、主張がしっかりしている1品に。
和食やあっさりした食事よりは、洋食や揚げ物などのメニューに合うレシピです。
 

レモン香るきゅうりのあっさり漬け

材料:2~4人分
調理時間:ー

  • きゅうり 2本(可食部200g)
  • ハウス香りソルト<レモンペパーミックス> 小さじ1.5

作り方

  1. きゅうりは食べやすい大きさに切る。
  2. ハウス香りソルト<レモンペパーミックス>と和えて重石をし、1日漬ける。

Point

  1. きゅうりが太かったので、縦半分にカットしてから種を取り除き 1cm幅の斜め切りにしております。たたききゅうりや、蛇腹切りなど、お好みの切り方で構いません。
  2. 重石をしているのは、味を染み込みやすくするためです。
098e5fc5

この調味料を使ったおすすめレシピ

パンに入れた時のレシピはこちらです。あと、ハーブソルトでパンを作るのも、結構好きです。
 

オリーブオイル多めで野菜を炒めて味付けに使っています。