みんなが大好きな唐揚げ。
どんな味付けにしても、毎回美味しい(笑

「何か食べたいものある?」って聞くと、かなりの確率で 「唐揚げ」っていう返答が返ってくるのは、我が家だけではないはず!
 
だいぶ昔ですが、
同時に出して食べ比べてみた事があります。
 20160918_01
同じタイミングで、いろいろ食べ比べ(・∀・。
準備すると、こんな事になりましたよ。
20160918_02
鶏もも肉2kg分。

一番左の赤いタッパーに入っているのは、お弁当用の揚げずに作れる唐揚げ用のなので気にしないでくださいね。
 
バットに入れているものを4種類作ります。まずは、これ。
20160918_03
左側は、私がこよなく愛する 【いつもの竜田揚げ】
牡蠣醤油・酒・生姜・にんにく・片栗粉。

右側は、ごくごく【普通の唐揚げ】
濃口醤油・みりん・にんにく・卵・小麦粉。
20160918_04
左側は、【市販の唐揚げ粉を使って作る唐揚げ】
この食べ比べ実験をしたのは、2014年なんですが この時はじめて買ったこの唐揚げ粉を、今でも愛用しています。 生姜がきいていてサックサク。
20160918_05

そして、右側が、【米粉で作る軽い唐揚げ】
味付けは、酒粕ペースト・味噌・粗びきペッパーミックス。
 
米粉は、小麦粉に比べて吸油率が20%ほど低いので、あっさり仕上がります。
と言うわけで、『軽い』っていう表現を使いました。
発酵調味料(酒粕ペーストや味噌)を使う事でさらに柔らかく、冷めてもしっかりとした味付けになっているのでお弁当にもぴったりですよ。
米粉で作るぶんのレシピはこちらです。


米粉で作る軽い唐揚げ

材料:2人分
調理時間:30分

・鶏もも肉 --- 2枚
酒粕ペースト --- 大さじ1
◆味噌 --- 小さじ1
◆粗びき塩こしょう --- 小さじ1
・米粉 --- 大さじ3~4
・揚げ油 --- 適量

1.鶏もも肉は、ひと口大に切り、◆をもみこみ20分ほどおきます。

2.袋に(1)と米粉を入れて軽くふって、米粉をまんべんなくまぶします。
揚げ油を180℃に熱し、カラッと揚げます。

finger-icon05_r1_c5酒粕ペーストが無い場合は、料理酒でも構いません。

この食べ比べをすると、家族の好みが分かれますね。
 
それぞれに どんな調味料を使っているのかを詳しく説明したわけではないのに、「これは、ほんのり甘い!(米粉唐揚げ)」とか、「生姜めっちゃ効いてる!(市販の唐揚げ粉」とか、「これ、いつもの。牡蠣醤油よね!?(竜田揚げ)」とか、なかなか鋭い!
 
で、ご飯食べ終わる頃には

「どれも 美味しいな!」
ŧ‹"(o'ч'o)ŧ‹"ŧ‹"


そんな感想でした。
揚げる側としては、もう揚げている地点でお腹いっぱい。
密かに、「もうしばらくは、唐揚げ作る事はないな・・・」と 心の奥底で思うのに、1、2週間で、また家族の誰かが、「唐揚げ食べたいなぁ~」と言うのよね。

不思議・・・