食料品ストック棚を片づけていると、中途半端に開封して後少ししか残っていない カシューナッツ発見。
と言う事で、鶏肉と炒めてみました。
20170716_b01
中華料理でも、こういうのありますよね。
と言うわけで、中華風の味付けです。

中華風の調味料は合わせ、ピーマンは乱切りに。
鶏肉はそぎ切りにして塩こしょうをもみこんだ後に、片栗粉をまんべんなくまぶします。
ビニール袋に、片栗粉大さじ1を入れて、切った鶏肉1枚分を入れて、空気を含ますようにふると、こんな感じで、衣がつきますよ~
20170717_w01
フライパンにサラダ油を入れてカリッと揚げ焼きにします。
20170717_w02
残った油は、キッチンペーパーでふき取ります。
こういう時って、エンボス加工の固いキッチンペーパーよりも、ふわふわのものの方が、良い仕事してくれますよね。
20170717_w03
ピーマン・カシューナッツをさっと炒め合わせて、生姜を加えて、調味料を絡めます。
20170717_w04
香りがよくなるように、最後の方に生姜を加えたけど・・・
なくてもいいかも(いいんかい!)
私は生姜が好きなので、こんな感じで、何にでも使っちゃいますが、豆板醤とか、辣油とか、ちょっとピリ辛な方が、ごはんがすすむかもしれません。

お好みでどうぞ~
それではレシピです。


鶏肉とカシューナッツの中華炒め

材料:2人分
調理時間:15分

・鶏肉(もも) --- 1枚
 ・塩・こしょう --- 各少々
 ・片栗粉 --- 大さじ1
・ピーマン --- 1本
・カシューナッツ --- 40g
・生姜(千切り) --- 少々
【A】オイスターソース --- 小さじ1
【A】薄口醤油 --- 小さじ1
【A】鶏がらスープの素 --- 小さじ1/2
【A】酒 --- 大さじ1
・サラダ油 --- 大さじ2

1.鶏肉はひと口大のそぎ切りにし、塩・こしょうをもみ込んだ後、片栗粉をまぶします。
(ビニール袋に入れて空気を含ませながら振るとまんべんなくつきます)
ピーマンはヘタと種をとりのぞき乱切りにします。

2.フライパンにサラダ油を入れて熱し、鶏肉を揚げ焼きにします。
両面カリっと焼き色がついたら、キッチンペーパーで油をふき取ります。

3.ピーマン・カシューナッツを加えます。
カシューナッツが香ばしく焼けたら、生姜・【A】で調味します。
finger-icon05_r1_c5調味料を加えたら、フライパンをふりながら 味が全体に絡むように炒めてください。


ナッツをおかずに組み込むと・・・
20170716_b02
ビール飲みたくなるのは気のせい!?
 
このクロス(テーブルランナー)
以前、台湾へ行った時に買ったものです。
それで思い出した、台湾グルメたち!
hosi

亜熱帯の台湾。
とにかく暑いので、水分補給のために ジュースを買うんですけど、やたらサイズが大きくて!
タピオカ入りのミルクティーを頼んでみると・・・
20170717_w06
このサイズ!
タピオカだけでも、お腹がふくれますよ 
 

あと、有名な雪氷のフワフワかき氷。
マンゴーアイスも、マンゴーも てんこもり。
 20170717_w07
日本円に換算すると、1000円ちょいの値段だったのですが・・・1人で食べきるのは やっとの分量でした。
お昼ごはんと考えてよし!


他に、屋台とか町中で、小腹がすいた時に ついつい買ってしまう、こういう
胡椒餅とか、生煎包とか 焼きパン揚げパン系。
20170717_w05
中にも、肉系の具が入っているし、モッチモチで。
なんだか、とっても腹持ちが良いのです。

全然お腹が減らない旅行でした。


"千と千尋の神隠し” に似ていると有名な九份に行った事は以前ブログにも書いたのですが
(→時短あずき煮と "千と千尋の神隠し" のあの場所
行く時は台湾鉄路平渓線で行ったので、十分(←駅の名前)に寄って 天燈をあげてきました。
20170717_w09
1時間に1本だけ電車が通る時、線路から離れます。
 
天燈に願いを書いて空高く飛ぶと お願いごとが叶うと言われているそうで。
そこで息子が書いたお願いごと。
20170717_w10
いやいやいやいや
「業」1本多い。間違ってるで
 
息子が中1の時だったのですが。
天燈は高くあがっていったのに、どうりで学力はあがらんわけだわ 

はっはっはーーー

star02star00star04
朝更新のコメント欄は閉じています。
今日も夜20:01更新予定です。
よかったら 「読んだよ~」のかわりに クリックお願いします ↓
1-blogmura1-recipe1-line