このブログ記事が予約投稿されるころには、晩御飯の片づけをしつつ、アイシングクッキー作りに、奮闘している事と思います。

先日の BRUNOアンバサダー懇親会でのクッキーアイシング体験が あまりにも楽しかったので、家で作ってみることにしました。
´∀`)ノ
   
アイシングを家でするのに、超えるべき2つのハードル。
  1. 初心者なので、水を加えたらすぐにアイシングが出来ますよ~の魔法の材料を入手すること
  2. 可愛い型抜きクッキーをつくること
は、午前に1つ、午後に1つと、着々とクリアしました。
 
実は、型抜きクッキー
苦手意識があったのですが・・・
20170402_a01
簡単やった~~~!!!!

前回作った時に、corecleにレシピをUPしていました。
カラフル★スタークッキー
2012年だったわ。
今回もだいたいこのレシピなんだけど、少し配合が違うので覚書↓

天板2枚分(余った生地は冷凍で1か月保存可能)

バター 100g
粉糖 100g
卵 1個(60g)
薄力粉 220g
アーモンドプードル 30g 

作り方は、皆さんもご存知の通り
①バターと、卵は室温に戻し、卵は溶きほぐしておく。粉類(薄力粉、アーモンドプードル)は一緒にふるっておく。
アーモンドプードルはなくても作れるんですが、香りが良いので、あるとおすすめ。

②ボウルにバターと粉糖を入れて泡だて器で混ぜる
ここで いかに空気をしっかり含ませるかがサクっと軽いクッキーを作るポイント。
空気を含んだバターは、白っぽくクリーミーになりますが、泡だて器で混ぜるのが手が疲れるなぁと思って、ラクしようと、ブレンダーの泡だて器機能を使用したら
20170402_04
バターが飛びまくるし、結局 普通に泡だて器で混ぜた方が早くて、洗い物が増えただけでした
粉糖は少しずつ加えて、その都度しっかり混ぜます。

③卵を少しずつ加えて混ぜる
溶きほぐした常温の卵を少し加えてはしっかり混ぜると、分離しにくいので、ちょっとずつちょっとずつ。
20170402_06

④粉類を加えてゴムベラでまとめる
ここで、こねたり練るような混ぜ方をすると、粘り気が出てしまうので、そうならないようにゴムベラでまとめます。
20170402_070
かたまりになっている部分の生地を、ゴムベラで切るようにして 粉類を混ぜると そのうち、まとまります。
20170402_07
こんな感じで、パン生地の様に丸くまとまっていなくても大丈夫。粉っぽさがなくなっていたら完了です。

⑤ラップにはさんで冷蔵庫で30分以上ねかせる
まるくても四角でも大丈夫。早く冷えるように1~2cmほどにまとめています。
20170402_08

⑥5mmの厚さに伸ばして お好みの型で抜く
ラップで挟んでおくと、よごれにくいし片付けが楽ちん。
型で抜いているうちに、生地が扱いにくくなったら、再び 生地を冷やします。
20170402_09
途中で生地を冷やす時は、粗業だけど 伸ばした生地をまっすぐの状態で冷凍庫で3分ほど冷やすだけでも型が抜きやすくなります~。生地が扱いやすいと、苦手意識が減るかな。

⑦170℃に温めたオーブンで15分焼く
作業中、ほどよい頃合いに、予熱しておいてください~
20170402_10

本当は、天板1枚分だけを作っておいて、残りは、また1週間くらい経ってから、作ろうと思ったら、娘も作るー!となったので、2枚分焼きました。
 
 

hosi

クーラーをつけるようになったら、あんまりオーブンを使わないので・・・
オーブン料理を楽しめるのは、あと、2ヵ月くらいかしら。
これは、週末に焼いたガトーショコラ
20170402_01
ホールで写真撮ろうと思っていたら、あっという間になくなっていく~~~

娘は、これに らくらくホイップで むにゅ~~~っと
20170402_02
生クリームを増やして
さらに増やして、てんこもりにして
20170402_03
おいしそうに食べています。
いいなぁ、食べても太らないって。うらやましい。


にほんブログ村 料理ブログ 簡単料理へ
にほんブログ村

スマホからブログにアクセスして、記事下のさらに下にある「更新通知を受け取る」をクリックすると、LINEに更新通知が届きます!