食費も手間も抑えて、時短で作れる弁当シリーズ 第1段。
簡単で、しかもお値段が経済的って考えると、これが1番に思い浮かびました。

ちくわの蒲焼きのっけ弁

20170723_09
先日、双子を授かっちゃいましたョ☆ぐっちぃさんが、夏休みの最大の不安をつぶやいておりまして。
お弁当、ひとつでも大変なのに3つ、毎日作る事になる・・・ 
冷食は助かるけど毎日となると食費を圧迫してしまう・・・などなど
そして 何より、朝起きれるかどうかが一番不安!と。

激しく同意。
私、朝早く起きるのが苦手。
私の場合は、早く寝ても遅く寝ても起きる時間は一緒なもので(どういう事ー!!!)
だからこそ、少しだけでも 前日の夜に準備してから寝ます。



20170723_06
このお弁当の日、朝起きてしたことは、
①ちくわをフライパンで炒め 火を通して 蒲焼のタレを絡める
②ご飯を冷ます→お弁当に詰める。
③デザートのオレンジを切る。
④急に1品プラスしたくなってソーセージを炒める。
の4点のみ。


でも寝る前に、ちまちまと準備してます。
20170723_a01
普通の竹輪を縦半分→長さも半分に切って、内側に包丁で切り込みを入れ 開いて爪楊枝で止めておきます。
もし、蒲焼のタレがなければ、ここで醤油:みりんを1:1、それに砂糖を少し足したものを準備しておくかな。うなぎを食べた時のタレを多めに作っておいて冷凍しておくと便利です。今回は市販のタレを使いましたが。
 
こういう茶色おかずに合わせたいのが、錦糸卵。
味付けはだし醤油を入れて、濃いめに。
フライパンで薄く作って(L寸卵1個26cmフライパン)、食べやすいように細めに刻んでいます。
20170723_a02

他に作っておいたもの。
・きゅうりのお漬物
 さっぱり系のおかずを1品入れたかった
・焼き明太子
 消費期限がそろそろだったのでとりあえず焼いて火を通してみた
・金時豆のピック刺し
 ゆで金時豆は食の科学舎さんの美味しい物
・いろいろ野菜の揚げ浸し
 さつまいも・茄子・ピーマンをめんつゆに
20170723_05


のっけ弁の便利なところ。
ご飯の上にメインのおかずがのっかるから、何かしらスペースを埋めるおかずがもう1品あれば十分。
今回は、揚げ浸しだったけれど こういうおかずが隙間もお腹も満たしてくれます。
マカロニサラダ
ジャーマンポテト
塩肉じゃが
さつまいものバター醤油煮
根菜の洋風きんぴら【白いきんぴら】
 
 
前日に作ったおかず、当日に作ったおかず、入れる時の注意点は、温度差を作らないこと。
熱々のものと冷たいものを一緒に入れると水滴がついて、それが いたむ原因になります。

全部、その日の朝に作って しっかり冷まして入れるのが一番安心なのですが・・・
朝は苦手。
学校が結構近くて、クーラーがついている所にお弁当置けて 保冷材&保冷バッグも使用していますし。
それぞれのライフスタイルに合った作り方で良いと思います。
 
食べる側も、作る側も
お弁当が楽しくて幸せな時間となりますように!!!
20170723_07
ご飯をふんわり控えめにしている分、デザート(ぶどうゼリー+ネーブルオレンジ)で補填。
品数増やしたくて、間際に急きょ 粗びきウィンナーを入れたけど、ま、なくても良いよね。
 
「一番美味しかったのは何?」って聞いたら、「ちくわ! あ。焼き明太子かも」って言ってました。
だと思ったわ(笑
狙い通りの反応だと、なんだか嬉しくなります


ちくわの蒲焼きは、以前 息子に弁当で入れてるんです。
ちくわのかば焼き~中学生弁当
この時入れたのが、ちくわ1本分(2切れ)
最初にちくわを食べてしまって、全然足りなかったと言われました。

そのあと、うなぎも足してご飯の間に挟んだ時もあったんです。
ちくわ+うなぎのかば焼きそぼろ
すんごく美味しかったけど、ポロポロで食べにくいと言われましたもので。

今回は、上のちくわを最初に食べても、ご飯の間に残るように、サンドイッチしておいたのよ。
コハル ハ マナンダ
レベルガ 1 アガッタ


朝、15分もかからずできた弁当。
前日の準備を入れると・・・ もっと時間はかかっているから、「時短」って言えないかもしれないけれど 
洗濯物を干したら、ちくわを準備したり
コップを洗ったついでに、揚げ浸しを作ったり、明太子を焼いたり。
冷蔵庫の掃除がてら、何かを作る!みたいな。
気合入れてまとまった時間を作るわけじゃなくて、何かのついでに何かをするから、負担に感じない ←ここが大事。
 
時は平等に刻まれているのに
出発前の貴重な時間と、寝る前の気持ちゆったりしている時間は、全然違いますよね。
忙しい時に手間暇かけれない、安上がりなお弁当の紹介でした


にほんブログ村 料理ブログ 簡単料理へ
にほんブログ村

ブログの更新情報をLINEで受け取れる機能があります。 
スマホからブログにアクセスして、記事下のさらに下にある「更新通知を受け取る」 のリンクをクリックすると登録完了。よかったら登録してやってください 。