「ケークサレ」はフランス料理で、塩味のきいた甘くないケーキの事です。
おやつと言う感覚じゃなくて、食事の一部としてサラダに添えてあったり、温かいまま食べたり、ワインのお供にしたり。

今日は、埼玉県産ブロッコリーと、コーンで作りました。
green
JA全農さいたま/埼玉ブロッコリーキャンペーン協会×Nadia コラボレーション企画
今が旬!埼玉県産ブロッコリーでつくるぱぱっと!簡単!レシピ
企画ページはこちら
20161109_00
カテゴ
 
そんな新鮮な、埼玉県産のブロッコリーに合わせたのは、コーンと粉チーズ!
20161105_07
塩気があるものや、旨みのでる食材で作るのがおすすめですが、お野菜と粉チーズのシンプルな組み合わせも捨てがたいです~

作り方も簡単。
粉類と、液体類を混ぜるだけのレシピにしました。



ブロッコリーとコーンのケークサレ

材料:作りやすい分量(マフィンカップ6~7個分)
調理時間:40分

◎薄力粉 --- 160g
◎ベーキングパウダー --- 5g
◎粉チーズ --- 50g
◆卵 --- 1個
◆砂糖 --- 小さじ2
◆プレーンヨーグルト --- 大さじ2
◆生クリーム --- 140ml
◆ハーブソルト --- 小さじ1
・ブロッコリー --- 1/4株
・スイートコーン --- 適量

オーブンは、180℃に予熱します

1.ボウルAに◎を入れて混ぜます。
20161105_01
2.ボウルBに◆を入れて泡だて器で混ぜます。(泡立てる必要はありません)
20161105_02
3.ボウルABを合わせてゴムベラで混ぜ、スイートコーンを加えます。
20161105_03
4.マフィンカップに生地を流し込みながら、間に、コーンや 小房にわけたブロッコリーをバランスよく加えていきます。
20161105_04
マフィンカップの7~8分目まで生地がくるように調整してください。
20161105_06
180℃のオーブンで、25分ほど焼きます。

finger-icon05_r1_c5コーンやブロッコリーなどの具は、生地に混ぜ込んでもいいですし、具が外側から見てわかりやすいように最後に加えても構いません。(今回は両方しています)

ブロッコリーは小房にわけていて、オーブンで火が通るので 下茹でしていません。

ちょっと多めの粉チーズと、ハーブソルトのおかげで、しっかり味のついたケークサレになりました。
20161105_10

土曜日のお昼ごはんにしました。
ボロネーゼスパゲッティと、サラダ。ケークサレの献立です。
20161105_09
サラダは、サニーレタス・紫キャベツ・人参・玉ねぎ・豆苗・コーン。
 
豆苗、生でサラダで食べるのもおすすめ。
はじめて豆苗を食べた時は、確か 豆っぽい風味や青臭い感じのクセを感じるなぁと思って、湯掻いてお浸しにしたり、胡麻ドレッシングで他のものと和えたりしていたのですが・・・
いつの間にか、この香りが美味しいと感じるようになりました

 
栄養価
β-カロテンは、青梗菜の1.5倍
ビタミンEは、小松菜の1.8倍
食物繊維はじゃがいもの1.7倍
赤血球の形状に不可欠なビタミン、葉酸も多く含んでいるんですよ~


にほんブログ村 料理ブログ 簡単料理へ
にほんブログ村