豚肉をガッツリ食べられるスープを作りました。
最後に入れた玉ねぎの食感や、ほくほくの金時豆(ドライパック)が、よい組み合わせです。
20161104_04
色が濃いですが、味は 見た目ほどは濃くないんですよ。
肉骨茶(バクテー)をイメージしてもらえると嬉しいです。

(肉骨茶は、シンガポール・マレーシアで良く食べられているローカルフードで、骨付きの豚肉・にんにく・黒こしょう・スターアニスなどのスパイスを入れて煮た醤油ベースのスープです。)


朝ごはんにも食べやすいようににんにくは入れず。
食べやすいように骨付きじゃなくて、豚肩ロース肉を使いました。
さらに 一度 煮汁を冷ましてから、かたまった脂を取り除きました。


豚肉と金時豆のスープ

材料:4人分
◆豚肩ロース肉 --- 400g
・ゆで金時豆 --- 50g
・玉ねぎ --- 1/2玉
◆ハーブソルト --- 小さじ1
◆酒 --- 大さじ1
・醤油 --- 適量

1.豚肩ロース肉は食べやすい大きさに切ります。玉ねぎは串切りにします。
2.鍋に水を1500ml・◆のハーブソルト・酒・豚肩ロース肉を加えて、中火で煮込みます。
20161104_01
15分ほど煮込み豚肩ロース肉がやわらかくなったら玉ねぎも加え、醤油で調味します。
20161104_02
3.鍋ごと冷まし表面に固まった白い脂を取り除きます。
20161104_03
食べる直前に ゆで金時豆を加えて温めなおし、器に盛り付けたら三つ葉を添えます。

finger-icon05_r1_c5ハーブソルトはお好みのものをお使いください。私が使用したのは、アメリカンミックスと書いたもので、コリアンダー・マスタードシード・黒こしょう・唐辛子・オレガノ・赤パプリカをミルで粗びきにしたものです。

鍋を冷ます場合は、鍋ごと冷水につけたり、一晩涼しいところにおいておいたり、常温に冷めてから冷蔵庫に入れるなどの方法があります。
脂が気にならない方は、そのままでも構いません。 

お醤油は、味をみて 美味しいと感じる分量を足してくださいね。 

ゆで金時豆は、煮こみ過ぎると煮崩れるので、温める程度で構いませんよ~
私は、食の科学舎さんの金時豆ドライパックを愛用しています。
ドライパックなので、パックを開封したら、そのままお料理に使えるんですよね。
北レシピHOKKAIDO~食の科学者online shop

20161104_05