2016年を振り返って「お知らせ」カテゴリを見ると、今年1つめの案件(キッチンインタビュー)の記事が抜けておりましたので、さかのぼって更新です。
日付設定は、インタビュー公開日時にしましたが、LINEの更新通知が届いた方。いろいろすみませんが暖かい目で見てやってください~  12月29日

---------------

20161229_00
2016年1月になりますが、レシピブログのキッチンインタビュー&取材を受けました。
最初お話を頂いたのは、ちょうど2015年の11月の頃。
 

私が使っているのは、築年数が40年以上もある とっても古い賃貸物件なんです。
お洒落にDIYで手を入れたりするセンスもないので、そのまんま使っているレトロキッチンです。
人様にお見せ出来るようなお洒落なキッチンではないと、何度お断りしようかと迷ったか・・・

ただ・・・
ブログを始めた頃からこのキッチンを毎日毎日使ってきて、古いながらに愛着があるんです。
離乳食や幼児食も。
食べが悪い時期は体調を心配して一所懸命食べさせた頃も。
同じ食材でも毎回違う調理方法や味付けを変えてお料理した日も。
食べさせる事をなんだかしんどく感じて、気持ちがいっぱいいっぱいになった頃も。
はじめて食材提供を受けてメニューを開発するようになった日も。
レシピ開発で何回もメニューを作りなおす時も。
楽しい日も悲しい日も疲れた日も立ち続けるキッチン。
手がボロボロに荒れても揚げ物のあとは、必ずピカピカに磨くキッチン。

自分が使いやすいようにしてきた結果が今のキッチンで。
また皆さんのキッチンインタビューの記事を見るのも好きだったので、思い切って。
本当に迷ったけど、思い切って取材を受けさせて頂きました。
 

(ってことで、その頃 ブログ記事に書く勇気が出なかったと思われますw)
 


この頃の私の、ブログへの想いも、お話させていただいてます。
 
スーパーで食材を買うだけでは見えない作り手(生産者さん)の気持ちや、食卓のこちら側の工夫やアイデア。
そんな想いを伝える橋渡しをしたいと思っています。

誰かの当たり前は、他の誰かにとって当たり前じゃないことって多いもの。
それを知ることでちょっと心が豊かになったり、あたたかくなったり。
ブログで、そういう役割ができるといいなぁ~と思っています。

よかったらご覧ください。
前編 3月4日アップ
後編 3月18日アップ