今日のお昼は、LINE砲で【ツナレシピまとめ】がピックアップされ
見に来てくださった方 有難うございます 
この週末は、早速 サバ缶をいくつも買って来ました!
近いうちに 見ごたえある記事UPするので、楽しみにしておいてくださいね ♪
 
 
今日は、こんなレシピを紹介。
お好みソースで炒めた具を
薄力粉で作った薄い生地の上にのせて、巻いて食べるラップサンドです。 20160415_01
お休みの日の、朝ごはんや ブランチにおすすめです。
 
 
ラップサンドとか、ブリトーとか
違いがわからないですよね。
wikipedia先生に教えてもらった感じは

ブリート(あるいは、ブリトー)
 →小麦粉で作られたトルティーヤに具材をのせて巻いたメキシコ料理。
トルティーヤ
 →すりつぶしたトウモロコシから作る、メキシコ、アメリカ合衆国南西部および中央アメリカの伝統的な薄焼きパン。現代では小麦粉から作られた同様のものもトルティーヤと呼ばれている。
クレープ
 →パンケーキの一種で、フランス北西部のブルターニュが発祥の料理
ラップサンド
 →検索すると、wikiのブリートのページが一番上にヒットします。
 
ってことで、今回のは、「ラップサンド」でいいかな~と。
どうでもよい豆知識でした~


20160415_03
野菜は、キャベツやネギ必須で。
天かすや竹輪などを加えると、よりお好み焼感がUPします。
肉は、牛肉よりも、豚肉がおすすめ。
この時は、トントロを使っています。
 
削り節と、青ネギをトッピング。
ソースを増量するもよし。
マヨネーズをかけるもよし。
 
欲張って、具をたくさん乗せすぎると、巻きにくくなるので、ほどよくね
 

お好み焼き風ラップサンド

材料:4人分(生地8枚ほど)
調理時間:20分

  • 薄力粉 100g
  • 塩、砂糖 各少々
  • 卵 2個
  • 牛乳 300ml
  • 炒めてお好み焼ソースで味付けした具 適量
  • 青ネギ・けずりぶし・青のり・マヨネーズ お好みで
  • 米油 適量

作り方

  1. ラップサンドの生地を作る。
    薄力粉・塩・砂糖を加えて泡だて器でしっかり混ぜ、そこに牛乳を少しずつ加え、ダマにならないよう混ぜる。
  2. フライパンを弱火~中火で温め米油を薄くぬり、生地を50ml入れる。フライパンを傾けて生地を薄くのばし、表面が乾燥してきたら裏返して裏面も同じように焼く。
  3. フライパンから出したら冷まし、具をのせて巻く。


20160416_04
卵と牛乳を一気に加えると、ダマになって綺麗に混ざらないので気を付けてください。
牛乳で作るとしっとりするかな~と。
絶対に牛乳じゃないと作れない!と言うわけではないので、豆乳でも水でも お好みでどうぞ。

生地を返す時、菜箸をクルクル~っと うまく使って やぶれないように気を付けてください~
20160416_06
フライパンには米油を引いています。
サラっとしていて油っこくなくて、冷めても臭くなりません。

今年、ボーソー米油部の一員として、ボーソー米油を使ったレシピをUPしています。
11月のテーマは、「カリッとおいしい!粉もんレシピ」だったので、1つめのレシピはこれにしました。
ふわふわ米粉パン
ブログ内のボーソー米油部記事一覧

米油部員の、米油が決めてのレシピたちも、よかったらご覧ください

カリッとおいしい!粉もんレシピ
カリッとおいしい!粉もんレシピ

 
 
にほんブログ村 料理ブログ 簡単料理へ
にほんブログ村 
1クリック応援ありがとうございます!

更新情報を受け取る?→LINE / Twitter