年中欠かさずに冷蔵庫に常備しておきたいキュウリ。
これからの季節は、3本100円とか、4本100円とか 嬉しい値段ですよね。
今日は、きゅうりのおすすめレシピまとめをお届けします~

温かいまま食べてもよし(←これ結構美味しいのよ)
前もって作っておいて、冷たく冷やしてもよし(←暑い日にぴったり!)
では、おすすめレシピ5選です。

20170610_A05
酸っぱすぎないまろやかなピクルス
ピクルスを作った時に、やたら酸っぱすぎたりすると食べにくいですよね。
酸味と甘みのバランスは、すし酢:水=1:1。
酢60mlに対して、砂糖40g、塩10g、水1/2カップほどが ちょうど2日くらいで食べきったりタルタルソースに使ったりできる分量です。
 
 
20170610_A04
自家製きゅうりのキューちゃん
言わずと知れたきゅうりのキューちゃん風のお漬物。これは夜な夜な作っておいて、翌日に食べる時のレシピなので、干したりせず、沸騰させた煮汁にきゅうりを漬けるのを2,3回繰り返して作って、きゅうりの歯ごたえを残しつつ、水分を飛ばす作り方をしています。
最後に生姜を加えたり、大葉やミョウガを加えるのがおすすめです。
 
 
20170610_a02
あっさりさっぱり 大葉レモンきゅうり
きゅうりのキューちゃんの、もっとあっさりしたバージョン作れないかなぁと作ってみたレシピです。きゅうりは、食べやすい大きさに切って お昼の間 外の風通しの良い日陰に放置しておいたもの。ほどよく水分が抜けて、良い感じですよ!家にいれる日にぜひ作ってみてください~ 大葉とレモンのおかげで、すっかり美味しいお漬物に。これ 今年の一押レシピです。
 
 
20170610_a03
セロリときゅうりの甘酢漬け
和風な味のピクルスと言ったところでしょうか。甘酢に漬け込むだけ。時間が経てばたつほど味がしみこみますし、シャキシャキ感が薄れていくので、1~2日のうちに食べきるのがおすすめ。
揚げ物の時に、こういうお酢を使った1品があると、合いますよね。


20170610_a01
きゅうりの豆板醤炒め
まさかの炒め物なんです!
むくみがひどいときはきゅうりで作りますが、ゴボウとか 他のお野菜でも実は美味しいレシピです。
さっと炒め合わせるだけなので、きゅうりの食感が ふにゃふにゃになるわけではありません。
きゅうりが沢山ある時に、消費すべく作ったレシピです(←笑)
  
 

以上です。
きゅうりで思い出しました!
 
去年、春先に園芸店に行った時に、とっても可愛い小さいサイズのきゅうりを見つけたんです。
タグには、「プチキュー。ミニサイズのきゅうりです!1苗から200個収穫できて、緑のカーテンにも最適です!」って書いてあったので、2苗ほど育ててみたんです。
(お店の人に聞くと、飛ぶように売れているとのこと!)
20160608_01
水をあげているだけで、毎日たくさん収穫できて、緑のカーテンとしても 優秀!
20160627_01
ただね。
味が・・・
なんとも表現しがたい
酸味がやたら強いんです。
甘みや旨みを感じさせないほど、酸味が主張してくる感じです(←笑
20160626_00
今年も、園芸店で見ましたが、買いませんでした~
みんな あれ どうやって食べてるのかしら・・・
やっぱり ピクルスかしら!?



- - - - - - - - -
 よかったら 「読んだよ~」のかわりに クリックお願いします ↓
1-blogmura 1-recipe

LINEでの更新通知、登録されていない方がいらっしゃったらぜひ↓


Feedlyをお使いの方はこちらから↓