マジックカスタードケーキ、作ってみました。
混ぜて焼くだけの簡単な作り方なのに、自然に 3層に!
だから、”ガトー(←ケーキ)マジック(←魔法の)” って言われるんですって。
 
一番下は、しっとり ずっしりの フラン。
真ん中は、きめの細かい濃厚カスタード。
一番上は、ふわっふわのスポンジにー!
20151115_k01
ん?
くっきり分かれた3層じゃないやーん!?って。
薄目で見てね。なんなら白目でもいいよ~
ま、確かに70点ですが、追試で100点目指します。 

特別な材料は一切なし。
トリッキーな技も全く必要なし。
生地は1つなのに、混ぜ方に ちょっとしたコツとポイントを加えると、いつもと違う魔法のケーキになるなんて嬉しい
cookpadの【発表!週間急上昇ワードランキング(11/5~11/11)】で、3位クリスマス 2位クリスマスケーキを抑えての1位が、この魔法のケーキだったんですよ。

Contents
  1. 材料【(基本)ガトーマジック】
  2. 材料を順番に混ぜます
  3. メレンゲを泡立てて生地に加えます
  4. オーブン150℃50分焼成します

レシピ・(基本)マジックカスタードケーキ

材料:18cmケーキ型

◆ボウル1
・卵黄 --- 3個
・さとう --- 90g
・水 --- 大さじ1
・溶かしバター --- 90g
・バニラエッセンス --- 適量
・薄力粉(ふるっておく) --- 90g
・牛乳(室温) --- 350ml

◆ボウル2
・卵白 --- 3個
 + + + + +
① ボウル1に卵黄・さとう・水を入れて泡だて器で混ぜ、バター・なにらエッセンス・薄力粉・牛乳の順に加えてその都度よく混ぜます。
② ボウル2に卵白を入れてハンドミキサーでメレンゲを作ります。
③ ボウス2のメレンゲを、ボウル1の生地に合わせ、軽く混ぜます。
④ 150度に温めておたオーブンで、50分焼きます。
あら熱が冷めたら、冷蔵庫で冷やします。
*
卵白は直前まで冷蔵庫で冷やしておくとメレンゲが泡立ちやすいです。
メレンゲを泡立てる時に、卵黄に混ぜるさとうを 大さじ1ほど残しておいて 加えると、泡が綺麗にたちます。
無塩バターをお使いの方は、塩をひとつまみ加えても構いません。

もう一回り大きな型なら
卵4に対して、120g前後のバター・小麦粉・砂糖、牛乳400mlです。

 

材料を順番に混ぜます

20151116_CAKE01
卵は、ボウル1◆卵黄と ボウル2◆卵白にわけ、ボウル2◆卵白の方は、間際まで冷蔵庫に入れて冷やしておきます。
(綺麗に早く泡立ちます)

ボウル1に、卵黄・さとう・水を加えて、泡だて器で混ぜます。
泡立てる必要はありませんが、しっかりと混ぜると、もったりしてきます。

溶かしバター・バニラエッセンスを加えてよく混ぜたら、薄力粉を加えます。
全体が混ざったら、牛乳を少しずつ加えながら混ぜていきます。
 
 

メレンゲを泡立てて生地に加えます

冷蔵庫から ボウル◆2を出して、ハンドミキサーで一気に泡立てます。
(卵黄に混ぜる時のさとうを 大さじ1ほど置いておいて、加えても構いません)
20151116_CAKE02
メレンゲを、ボウル◆1の生地と混ぜます。
一番上のスポンジ生地がふわっふわに仕上げるためには、混ぜすぎないのがポイント
ただ、混ぜ方が弱いと、メレンゲは白いまま焼きあがってしまうので、そこも注意が必要です。

 

オーブン150℃50分焼成します。

底が抜けないタイプの型がおすすめです。
(底が抜けるタイプの型で焼いて、フランの生地が、天板に流れた人がここにいますw)
 
あら熱が冷めたら、冷蔵庫で冷やしていただきます。
フルーツを生地に入れたり、トッピングしたり。
pinterest見ていると、おいしそうなガトーマジックがたくさん出てきます。

フラン・カスタード・スポンジ
別々に作ると時間がかかるけど、混ぜ方1つ気を付けるだけで、簡単に作れるって便利ですねぇ~
20151116_m02

バターではなく サラダ油
マフィン型で小さく作るレシピは、こちらにUPしています