ラム肉と玉ねぎの炒め物に、蒸し大豆をプラス。
ちょっとたんぱく質を意識したおかずです。
味付けは、カレーっぽい香りがするスパイス:クミン(パウダー)×味噌
コクも香りもたっぷりで、ご飯がすすみます。
20171113_a05

スパイスって聞くと、ちょっとハードル高く感じる?
結婚して料理を自分で作るようになった頃、使っていた調味料って、さしすせその基本の調味料+ガラスープの素とかコンソメの素とかオイスターソースくらいだったかな。
それでも 十分事足りるのですが・・・

良い香りがしてきたら、食欲そそりますよね。
食べた時に、香りや風味がふわっと抜けると、より美味しく感じるような。

今では、クミンとか コリアンダーとか オールスパイスも、料理に頻繁に使うようになりました。
いつもの料理に慣れてきたら、ちょい足し。
結構おすすめです

作り方はこんな感じ。
20171113_a02

玉ねぎをしっかり炒めて甘みを出してからラム肉を加え、火が通る頃に蒸し大豆を炒め合わせ。
味噌大さじ1・みりん小さじ2・醤油小さじ1・クミンパウダー小さじ1/2を混ぜあわせた調味料を加えて
20171113_a03
最後に塩こしょうで調味(←薄味が好きな人は、この塩は不要かもしれません)

この合わせ調味料、ラム肉+玉ねぎ以外の炒め物にも合いますよ。
味噌にクミンを合わせると、和風カレー炒めみたいな。
ぜひお試しくださいね。

ラム肉と大豆のクミン味噌炒め

材料:2~3人分(作りやすい分量) 調理時間:10分
カロリー:ー

  • ラム肉(薄切り) --- 180g
  • 玉ねぎ --- 1玉
  • 蒸し大豆(ドライパック) --- 50g
  • 【A】味噌 --- 大さじ1
  • 【A】みりん --- 小さじ2
  • 【A】醤油 --- 小さじ1
  • 【A】クミンパウダー --- 小さじ1/2
  • 塩、こしょう --- 少々
  • こめ油 --- 少々

作り方

  1. ラム肉は食べやすい大きさに切り、玉ねぎはくし切りにします。【A】の調味料は合わせておきます。
  2. フライパンにこめ油を入れて中火にかけ、玉ねぎ→ラム肉→蒸し大豆の順に炒めます。
  3. 材料に火が通った所で、合わせておいた【A】を加え、塩、こしょうで調味します。

蒸し大豆は、 食の科学舎さんのドライパックを使用しています。
クミンをホールで使う場合は、こめ油で炒める時に一緒に炒めて香りを出してください。(粒々感が苦手な方なパウダータイプをお買い求めください)
お好みでパクチーなどを添えても合います。

上にのせている葉っぱは、パクチーです。
20171113_a06
お庭で育てているの。
パクチーも、パセリも、三つ葉も。
こういうハーブ類は、植木鉢でちょっと育てておけば、食べたい時に すぐに摘めていいですよね。
夏場じゃなかったら、水やりは表面の土が乾いたタイミングで。
この季節とかは、1,2日忘れてもたっぷりあげたらなんとかなります。 20171113_a04

今日は私の誕生日でして
めでたく四十路に突入しました
FBでもツイッターでも、皆さんありがとうございました。

ご飯のメニューはごくごく普通のおかず。
食後のデザートは ケーキじゃなくて、タルトにしました。(近いうちにブログネタで・・・)

去年までは歳を重ねる事をなんとも思っていなかったんですけど、40ってなんだか 大きく違う感じがしますね。
ちょっと、この1,2年でぽっちゃりしたので、ほうれい線とか 目じりにシワはないんですけど(喜んでいいのか!?)
首のシワは深く刻まれてきたような気がします。
このシワ、どうにかしたい。
(と思っている事を覚えておくために、ブログに記載)
もしかすると1年後には諦めて、服がタートルネックばっかりになってるかもしれないわ

美味しいものに囲まれた歳を過ごせるように・・・
今後とも「ぽかぽかびより」を宜しくお願いします。

にほんブログ村 料理ブログ 簡単料理へ
にほんブログ村 
1クリック応援ありがとうございます!

更新情報を受け取る?→LINETwitter