三角チーズ、はんぺん、うずらの卵、にんにくなどなどを、味噌漬けにしました。
そのまま食べてもよし。
大葉に包んだり、パクチーと一緒に食べたり
少しはちみつを垂らしたりして味を変えて食べるのもよし。
家吞みにぴったりです♪

20171027_r03
味噌漬けと言っても、そんな大掛かりなものじゃなくて、むしろ 食べきりサイズ。 20171027_q06

合わせ味噌・みりん・醤油を混ぜた味噌床に、うずらの水煮・にんにくを漬けたり

20171027_q07

豆味噌・白味噌・みりんを混ぜたものをラップにぬって、巻いたり。

20171027_q03

洗い流さない食材の場合は、ガーゼに包んでおきます。
はんぺんとか、三角チーズとか。

20171027_r01

1日、2日浸けておくだけで、濃厚な味噌漬けの完成。
漬け込む素材から、たくさん水分が出たり、生ものでないようなら、味噌床は2回くらい 使いまわせます。にんにくを加えてパンチのある味にしたり、鷹の爪を加えて辛味を出したり、柚子皮を加えて香りをよくしたり。

いろいろアレンジしてみてください。

レシピ投稿サイトNadiaのTORE-TATE記事に味噌床の利点や
レシピをいくつか紹介してるので、詳しい分量を知りたい方はこちらから、ご覧くださいね。

12436288584_94d6bc46d2_b.jpg

みそにみりんやしょうゆなどの調味料を加えてみそ床を作り、そこに食材を漬け込むだけ。時間が美味しくしてくれる、忙しい時にも心強い保存食です。
にほんブログ村 料理ブログ 簡単料理へ
にほんブログ村 
1クリック応援ありがとうございます!

更新情報を受け取る?→LINETwitter