お昼ご飯に、ささっと炒めたおかずです
むね肉とアスパラガスの炒め物。
味付けは、塩こしょうで とってもシンプル。なので食べる時に、パプリカマヨネーズを振りかけて、色合い&栄養UPです!
20190908_a02

詳しい作り方

むね肉1枚は縦半分に切ってから、1cm幅の削ぎきりにしました。塩こしょう少々+酒大さじ1を振りかけて下味をつけます。
(お好みで・・・塩の代わりに味の素を使うと減塩になりますし、しっとりやわらかく、うま味たっぷりに仕上がります。1つ前の記事で触れています。)
20190908_b01
5分ほど置いて、出て来た水分をキッチンペーパーで軽く拭き取ってから、米粉(片栗粉OK) 大さじ1弱を振って混ぜます。
あとは、フライパンで炒め合わせるだけなのですが…
20190908_b02
アスパラの軸から炒め、穂先はあとで加えると良いでしょう。
中火で炒め、片面に火が通ったら ひっくり返し、ふたをして蒸し焼きにすると、やわらかく仕上がります。

今回、細いアスパラを使用していますが、太いアスパラの場合も斜め切り。むね肉と一緒に炒めて、ふたを使って蒸し炒めにすると良いと思います。

パプリカマヨネーズは、マヨネーズにパプリカパウダーを加えて混ぜただけ。
このパプリカパウダー、色はすごく赤いのですが、全く辛くありません。パプリカを乾燥させて「果皮」だけを粉末状にしたものです。
ビタミンB群や鉄分が含まれていて、免疫力UPや血液代謝にも良い効果があります。糖代謝に必要なビオチンも豊富なんです。
味は、ほんのりとパプリカのような風味がありますが、そんなにきつく無く。マヨネーズと混ぜると特にわかりにくいです。普通にマヨネーズをかけるだけでも美味しいのですが、パプリカパウダーが家にあればぜひ混ぜて使ってみてくださいね。 

2010908_a01_Fotor

むね肉とアスパラガスの塩こしょう炒め

材料:2人分
調理時間:10分

  • むね肉 1枚
  • 【A】塩、こしょう 少々
  • 【A】酒 大さじ1
  • 米粉(もしくは片栗粉) 大さじ1弱
  • アスパラガス 1束
  • 油 小さじ2
  • 【B】パプリカパウダー 5振り
  • 【B】マヨネーズ 大さじ1.5

作り方

  1. むね肉は縦半分に切ってから1cm幅の削ぎきりにする。アスパラガスは斜め切りにする。(軸にかたい部分があればピーラーなどで削ぐ)
  2. むね肉に【A】を揉み込んで5分おき、出て来た水分をキッチンペーパーで拭き取る。米粉と混ぜる。
  3. フライパンにを入れて中火にかけ、むね肉・アスパラガス軸を炒める。むね肉をひっくり返したらアスパラガス穂先を加え、ふたをして蒸し焼きにする。
  4. 皿に盛り付け、混ぜた【B】をかける。

Point

  1. パプリカマヨネーズをかけるので、薄味に仕上げています。お弁当に入れる場合などは、お好みで濃いめの味付けにしてください。
  2. パプリカパウダーがない場合は、普通のマヨネーズでも構いません。

ターメリック(パウダー)とマヨネーズを混ぜたのも、合いますよ〜