切って和えてたったの5分と言う簡単レシピなのですが・・・
夏の暑い日に
ちょっと品数が少ないときに
旅行帰りで しょう油味が恋しい時に、おすすめの1品です。
20160614_a09
栄養価は、酵素たっぷり。
ネバネバ成分は、ムチンと言って、タンパク質の吸収を助けてくれたり、疲労を回復する役割があったりします。
生のまま食べる方が、栄養価が高いです。
 

この、切って青のりと和えただけのメニュー。
子どもたちが小さい頃からの大好物。
すりおろしたものは、口の周りが痒くなるときがあるけど、1口サイズだと、口も汚れずに簡単に食べられるので、小さなお子様にもおすすめです。


長芋の磯部和え

材料:2人分
調理時間:5分

・長芋 --- 10cm(300g)ほど
・青のり --- 小さじ1
・しょう油 --- 大さじ1.5

1.長芋は皮をむいて12mm角に切ります。

2.ボウルに長芋・青のり・しょう油を入れて和えます。
20160614_a06

finger-icon05_r1_c5 1口で食べられるサイズに切ってください。
しょう油を加えて時間が経つと、長いもから水分が出てくるので、食べる直前に和えてください。
 
青のりを加えてさっとあえてから、しょう油を加えて混ぜると、混ざりやすいです。(写真は、青のりがわかりやすいように、後からもかけております)
w66
その他、おすすめの長芋レシピはこちら ↓
Clipboard01
長芋で作るポテトサラダ
芋で作るもっちりガレット


- - - - - - - - -
 よかったら 「読んだよ~」のかわりに クリックお願いします ↓
1-blogmura1-recipe

LINEでの更新通知、登録されていない方がいらっしゃったらぜひ↓


Feedlyをお使いの方はこちらから↓