かぶの葉で菜飯を作りました。
そのままでも、もちろん 美味しいんですけど、ちょっとだけひと手間加えて、焼きおにぎりにしました。
20160124_08
ん?
焼き色つけ過ぎたかね( ̄▽ ̄;)!!

菜飯で作る焼きおにぎり

材料:4人分
調理時間:30分 電気圧力鍋使用

・白米 ---2合
・雑穀米 --- 大さじ1
・かぶの葉 --- 1株分
・昆布、塩 --- 適量
・水 --- 360ml 
◆味噌、醤油、みりん --- 各小さじ1ずつ 

1.白米を洗って水気を切り、電気圧力鍋に入れます。
雑穀米・細切りにした昆布・塩を入れてから、を注ぎます。
(写真は水を注ぐ前です)
20160124_m01
電気圧力鍋の蓋をして、白米メニューで炊きます。
(炊飯器で炊いて頂いても構いません)
20160124_m03
その間に、かぶの葉を塩茹でしてから、みじん切りにし 水気をしっかり絞っておきます。
 
2.終了のブザーが鳴り 圧力が抜けているのを確認してから蓋を開け、かぶの葉を加えます。
20160124_m04
このまま、菜飯として食べる場合は、かぶの葉が暖かくなったところで、お茶碗に盛り付けてください。
今回は、焼きおにぎりにしまーす!
20160124_m06
混ぜたものを おにぎりにします。
 
3.フライパンにおにぎりを置いて中火にかけ、◆の味噌・みりん・しょう油を混ぜたものを塗って、両面に焼き色を付けます。
20160124_m07
finger-icon05_r1_c5 フライパン用ホイルシートを使うと焦げ付かなくて 作りやすいです。
お好みの焼き色がついたら完成です。

20160124_m08

電気圧力鍋、写真にも ちらっと写っていますが、可愛いフォルムをしています。
こちらは、60キロパスカル。
圧力鍋と比べたら、低圧の部類に入ります。
 
ごはんや雑穀米をたくと、もっちもちにたけるのが よくわかります!
そして、完食~~
  
追加熱で温めたり、保温機能があったりするので、テーブルの上に置いて調理可能。
この追加熱と、保温機能を すごくうまく使って(←自分で言うちゃいますw)
作る、ローストポークや、ローストビーフが、柔らかくて激旨です。
 

- - - - - - - -
よかったら 「読んだよ~」のかわりに クリックお願いします ↓
1-blogmura1-recipe1-line