お正月、美味しいものを食べ過ぎて、今日はお野菜を意識したメニューにしてました。
そういえば、もうすぐ1月7日!
七草粥の日ですね。
 
1年間の無病息災を祈っていただく、七草粥。
今年は、こんな感じで トッピングたっぷりの中華粥はいかがですか~?
20151229_01
(って、この写真は、2015年のものです 過去ログ再編集してUPしております)
 

ここ数年、我が家は、毎回 トッピングで楽しむお粥にしています。
じゃ、飽きないでしょ!?
同じ味が続くよりも、毎回 違う具にしたり、ちょっと 好きなしょう油&ごま油で味に変化をつけたり。
こうすると、好評です。
家族にも、自分にも w
  
トッピングの内容は、こんな感じ。
20151229_04
フライドオニオンや、桜でんぶは市販のもの。
青ねぎはカットしただけなので、用意したのは、れんこんチップスや、エビもち
茹で卵の黄身くらい。
  

七草は、せっかくなので、子どもたちと、7種類確認しながら、湯掻いてみじん切りにしました。
「これ なんやろ?」
「これ 見た事ある!庭に生えてるやん!!」
「6種類しかない!? あれー!?」 
(-∀-。)
ちゃんと7種類ありました。
20151229_02
でもって、外を見てい見ると 庭にも、近所にも生えてませんでした。
暦が違いますもんね。
旧暦のお正月過ぎたら、畑のまわりにも生えているのが見つかるかも!?

・トッピングで楽しむ 七草粥(鶏がゆ)

材料:4人分
調理時間:40分


・米 --- 1合
・酒 --- 大さじ1
・塩 --- 少々
・鶏手羽元 --- 1本
・生姜 --- 1/4片
 
・七草 --- 1パック
◆えびもち --- 1切
◆れんこん(小) --- 1節
◆フライドオニオン --- 大さじ2
◆桜でんぶ --- 大さじ2
◆青ねぎ --- 2本
◆茹で卵の黄身の部分 --- 1個分

・ごま油、牡蠣しょう油 --- 適量
 
1.米はといで水気を切ります。
鍋に、米、酒、塩、鶏手羽元、千切りにした生姜水6カップを入れて中火にかけます。煮立ったら弱火で40分ほど煮ます。
 
2.七草は、塩少々(レシピ分量外)を加えた熱湯で湯掻いたあと、みじん切りにします。
 
3.えびもちは小さく切って、フライパンに多めのを入れてカリッと焼きます。
20151229_05
くっつかないように、離してください。
れんこんは薄切りにし、キッチンペーパーで水気をふいた後、同じようにフライパンでカリッと焼きます。
 
4.青ねぎは小口切りにし、茹で卵の黄身はスプーンでほぐします。
器に盛り付けたらトッピングをのせて、お好みでごま油、牡蠣しょう油をかけていただきます。
 
 
finger-icon05_r1_c5 鶏は、手羽先の骨の部分でも、鶏もも肉の皮の部分でも構いません。
食べる時は身をほぐして骨を取り除いた状態で盛り付けると食べやすいです。

お米は、時々かき混ぜながら、好みの水分量になるように炊き上げてください。
炊飯器のお粥メニューで炊いても構いません。(米1合につき、水5~6カップ)

 
20151229_06