ネギを豚バラ薄切り肉で巻いて、それをさらに餃子の皮で巻いて、フライパンで焼いたもの。
餃子の皮がパリッとしてるし
ネギと豚肉の相性もいいし。
20180216_a04

先日、実家に立ち寄った時に、母が見てた『男子ごはん』(←国分君と心平ちゃんのTV料理番組ね)で紹介されていたレシピ。

8cmにカットしたネギ(←薬味ネギでOK)を、塩こしょうした豚バラ薄切り肉で巻いて
20180216_a01
それを餃子の皮で、さらに巻きます。
巻き終わり、何もつけなくてもはがれません。
餃子の皮も、豚肉の水分でくっつくね。
20180216_a02
これを、フライパンにごま油を入れて、転がしながら炒めるだけ。
確かTVでは、餃子の皮の巻き終わりを上にしてから炒めてたと思うんだけど、もはや記憶が 
20180216_a03
時々、フタをしながら炒めてたんじゃないかな・・・
ネギは生でも食べれるけど、豚肉の火の通り、気になりますもんね。
私はポン酢と辣油をかけて食べました。
美味しかった

今日の私の簡単ランチ
MENU

  • 昨日の残りの炒飯
  • ねぎと豚肉の包み焼き
  • みなみさやか(宮崎の新香味茶)
 20180216_a07
炒飯。
豚バラ薄切り肉を あらく刻んだものと、ニラ、たまごが入ってます。
何のコツもないのに、普通に作っただけで、史上最高にパラッパラに仕上がりました。

と言うのは、このお米を使ったから。
20180216_a06
ホシユタカ。
一回食べてみたくて、ネットでポチリました。
我が家で食べている品種は、いつもコシヒカリ。
桜前線みたいに、7月末は宮崎の新米コシヒカリに始まり、四国地方のコシヒカリ、三重、滋賀、福井、新潟~と、コシヒカリ前線を楽しんだ後は、福井県産に落ち着きます。
そんなに強いこだわりはないから、時々違う品種を味見してみたり。
(と言っても、こしいぶきとか、ミルキークィーン。にこまる等、冷めても もっちり感が強いものが多いです。)

皆さんは、お米の銘柄って 何を買ってますか?
なんで その銘柄??

kit21
いつも炊飯器でごはん炊いてるんですけど、時々 圧力鍋で炊くとね。
さらに もっちり感がUPするんです。
高圧力鍋でたくと、なんで、あんなにも粘りが強くなるんだろ?と言うか、もちもちしすぎでしょ!!と思って調べた事があるんです。

専門家に聞いたわけじゃなくてgoogle先生なので、ちょっと情報の信憑性が完璧ではないんですが、どうやら

  • 圧力が高ければ高いほど、でんぷんのα化が十分に進む
  • 飯粒周囲部の組織が崩壊して付着する
  • 米自体のでんぷん量も多いと、粘りも多くなる
らしく。
お米のデンプンは、アミロースとアミロペクチンと言う2種類の成分から構成されていて、その比率で粘りがわかるそうです。

アミロペクチンが多いと粘り→強い
アミロースが多いと粘り→少ないとなるそうです。

市場に出回っているアミロース含有量が高い(粘りが少ない)銘柄から順に、
ササニシキ 25%
ヒノヒカリ 20%
はえぬき 20%
つがるロマン 19%
日本晴 18%
つや姫 17%
ゆめぴりか 17%
コシヒカリ 17%
ミルキークイーン 10%
もち米 0%

アミロースの比率が低いお米ほど、たいたときに、粘りが強くなるってことね。

って事がわかった時に
「んじゃ、アミロースが低い=ねばりが少ないって言われている お米を圧力鍋でたいたら、モチモチになるん?」
って実験したくなって、探してたんです。
ここ1,2年ほど(そんなに経ってるw メモった紙も古びてるわっ)
でも、探しても「ササニシキ」ってない!
名前は聞いた事があるのに。
スーパーには、粘りの強い米ばっかりやないか~~~い!!!

ってなって、「ササニシキ」は諦めて数か月。
米粉とかの加工品によく使われる、「ホシユタカ」とかは、高アミロース米で粘りが少ないって事がわかり、「ホシユタカ」を買う事になりました。

で、やっと買って炊いたんです。
炊飯器で。
普通に。

そしたら、米粒がバラバラ、パラリとお箸から落ちるほど 粘りが少ない(驚
食べにくい~~~
少々の銘柄を変えても、誰も気が付かないのに、さすがに今回は、全員「いつもと ちゃう!」って気が付きました。
あまりにも、パラパラなので、チャーハンにぴったり(笑

電気圧力鍋でたいてみたら、炊飯器よりは幾分か もっちり仕上がりました。
私が使用している電気圧力鍋は70kpa。
うちには140kpaの高圧力鍋もあるので、いろいろ炊いてみて楽しんでます。

長いのに読んでくれてありがとー!!
にほんブログ村 料理ブログ 簡単料理へ
にほんブログ村 
1クリック応援ありがとうございます!

更新情報を受取る→LINETwitter