20160404_a01
Lilicoちゃんに頂いた、かわいいハートの形のレモン。
長くたのしみたくて・・・ドライフルーツにしてみました。
カットすると、家じゅうに広がる さわやかなレモンの香りー!!!
  
使ったのは、油を使わずに揚げ物を作れる あの フィリップスノンフライヤープラスです。
人気調理家電でつくる料理レシピ
人気調理家電でつくる料理レシピ



ドライフルーツ(レモン)

材料:作りやすい分量
調理時間:60分 ノンフライヤープラス使用

・レモン --- 1個

1.レモンを洗い、5mmにスライスします。種があれば取り除きます。

2.バスケットに入れて蓋をし、100度で60分加熱します。
20160404_02
網にとりだし、完全に冷まします。

finger-icon05_r1_c5重なっている部分があれば、途中で混ぜ、重なっている部分をずらしてください。
ノンフライヤープラスのレシピブックには、りんご・バナナ・パイナップルの缶詰で作るレシピが掲載されています。 
 

20160404_03
ピカピカー!!!
あまりにもツルピカすぎて、いろいろなものが映り込みすぎて困ります。どこをどんな角度から撮っても、自分が入ったり ちょっと物が入ったりするので、諦めました。
 
取扱説明書と、ノンフライヤープラスについてきた、ヘルシー、おいしい、手間なしレシピのレシピブックを広げまくり大会中。
20160404_05
1つ1つ作っていかないと、なんだか、まだまだ使いこなせない感じがします。

今回のドライフルーツ、ちょっと加熱しすぎたかな???
カリッカリに乾燥していますー!
もう少し薄くて綺麗な色に抑えるには、時間を40分、50分と短めに設定して作るべきよね。
いきなりレシピブックの時間通りに作るのではなくて、ちょっと様子を見ながら作ればよかったなぁ・・・と思いつつ。
20160404_a02
きれいに乾燥したので、良しとしよう (*´∀`*)
Lilicoちゃん、かわいいレモンをありがとう~~~!
 
  
ちなみに、以前 こんな実験をしたことがあります。
りんごのドライフルーツを作る時 塩水にくぐらせたほうが 綺麗に仕上がるかどうかの実験。
o0500033313057649064
手前1列が塩水にくぐらせたりんご。
焼き進めると、特に皮の部分の色にも違いが出てきて、一目瞭然。

一番左側が塩水にくぐらせたりんごです。
o0500033313057649066
りんごの場合は、塩水にくぐらせておいた方が、綺麗な色に仕上がります。


- - - - - - - - - -
よかったら 「読んだよ~」のかわりに クリックお願いします ↓
1-blogmura1-recipe1-line