酒粕ペーストを加えた豚汁なんですが、今回の記事は、【濃縮味噌汁】について。
味噌汁を前もって作っておくときのコツをちょっと。
20160210_b02

味噌汁作り置く時は 【濃縮味噌汁】がおすすめ

味噌汁は、発酵食品を使用しているので、いたみやすい食べ物です。
季節に関係なく鍋に入れたまま 常温でおいておくのは、あまりおすすめできません。
多めに作った場合、保存するなら、冷蔵庫が適切です。

finger-icon05_r1_c5小さ目の鍋に濃いめに作って、冷蔵庫で保管。
その時に食べる分量だけ 別の鍋に入れて 水を加えて ちょうどの濃さに仕上げます。 
もちろん冷蔵庫に入れる時は保存容器でも構いません。冷蔵庫に入れても かさばらないものがいいですね。
ちなみに、冷蔵庫に保管しているからと言って、3日も4日も保存できるわけではありません。
1~2日程度をめどに、食べきってください
 
ちなみに、自家製のインスタント味噌汁【味噌玉】を作った時の記事はこちらです。
味噌玉作り置き

   4-green3

というわけで今回のこちらのレシピ。
だし汁が800mlに対して、味噌が150g~。
作り置き用の濃さ
です。
保存せずに食べきる分量で作る場合は、味噌の分量を減らしてくださいね。
 
具沢山豚汁に、酒粕ペーストを加えました。

酒粕ペーストは、酒粕を酒でのばしてペースト状にしたもの。柔らかい状態にしておけば、お料理にも 手軽に手早く加える事が出来ます。
こちらの記事で紹介しています↓
発酵調味料で免疫力アップ! 酒粕ペーストの作り方
それではレシピです。
w66

作り置き用酒粕入り豚汁

材料:6人分~
調理時間:20分

・さつまいも --- 1本
・こんにゃく --- 1/2丁
・豚肉 --- 50g
・竹輪 --- 1本
・干し椎茸 --- 2個
・にんじん、大根、ごぼうなどお好みの野菜 --- 適量
・だし汁 --- 800ml
◆味噌 --- 150g~
◆酒粕ペースト --- 大さじ2

1.さつまいもは皮を縞目にむき1口大に切ります。そのほかの材料も、食べやすい大きさに切ります。
干し椎茸はぬるま湯で戻して適当な大きさに切り、戻し汁は捨てずに だし汁と合わせて(800ml)おいておきます。

2.鍋に(1)のだし汁を入れて、火の通りにくい材料から順に煮込んでいきます。
煮立ったらアクを取り、フタをして10分ほど煮ます。
20160210_b01

3.味噌・酒粕ペーストを煮汁で溶きのばして加えます。 これで完成。
 

finger-icon05_r1_c5濃縮味噌汁です。その日食べる分量を小鍋にいれて、水でお好みの味加減に薄めて、椀に盛りつけてください。
レシピには書いていませんが、万能ねぎ・豆苗などを散らしています。

20160210_b03
ま、作りたてが一番美味しいんですけどね。
時間がある時に作っておけば、時間だけじゃなく 気持ちにもゆとりが出来るので・・・
(*´∇`)ノ
 
みなさんの作り置き、常備菜メニューアイデアはこちらからどうぞ↓
にほんブログ村 トラコミュ 常備菜へ
常備菜

- - - - - - - -
よかったら 「読んだよ~」のかわりに クリックお願いします ↓
1-blogmura1-recipe1-line